Chuo Online

  • トップ
  • オピニオン
  • 研究
  • 教育
  • 人‐かお
  • RSS
  • ENGLISH

オピニオン

サイバー攻撃の脅威

四方 光/中央大学法学部教授
専門分野 行政事件訴訟、民事法務、企業法務

 現代の社会経済は、サイバー空間を抜きにしては語れない。インターネットが学問的にも重要なのは、それが人類の生活に大きな利便を提供しているからだけではなく、人類の歴史上、空前の速度で社会経済の変化をもたらしているからである。

(9月12日)

全文を読む

行政法は面白い

宇佐見 方宏/中央大学大学院法務研究科客員教授・弁護士
専門分野 行政事件訴訟、民事法務、企業法務

 私は、弁護士として長年行政訴訟に携わり、また法科大学院で実務行政訴訟の授業を担当しています。授業では「行政法は面白い」、「行政法は簡単だ」をモットーに掲げています。これから、私の体験を踏まえて行政法の面白さを述べたいと思います。

(8月1日)

全文を読む

研究

消費税軽減税率の適用とQ&A行政

酒井 克彦/中央大学商学部教授
専門分野 租税法、税務会計

 消費税増税が今年(令和元年)10月1日から実施される。
 今般の消費税増税において注目されるのは、税率6.3%(地方消費税と合わせて8%)であったものが、7.8%(地方消費税と合わせて10%)に改正されるという点のみならず、いわゆる軽減税率といわれる制度が導入されることである。軽減税率は、酒類・外食を除く飲食料品及び定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞に適用され、これらについては、例外的に6.24%(地方消費税と合わせて8%)とするという制度である。

(9月5日)

全文を読む

社会的課題の解決に向けたツールとしてのスポーツの活用可能性

関根 正敏/中央大学商学部准教授
専門分野 体育・スポーツ経営学、コミュニティ・スポーツ論

 2019年9月よりラグビーワールドカップが国内12都市で開催されます。ラグビーワールドカップとは、15人制ラグビーの世界一の国を決める4年に1度の大会のことであり、2015年の前回大会では40億人以上がテレビで試合を観戦したほどの大きなイベントです。さらに2020年には、東京オリンピック・パラリンピックも予定されており、世界中の国々からたくさんの選手が集い、マス・メディアを通じて多くの人々が観戦する「メガ・スポーツイベント」が立て続けに日本で催されます。

(8月22日)

全文を読む

人‐かお

富士山の麓での弁護士活動

岡村 光男さん/弁護士

 私は、中央大学法科大学院を第1期生として修了した後、新60期としての司法修習を経て、東京の法律事務所において約10年にわたって企業法務を中心とした職務に取り組みました。
 その後、縁あって山梨県富士吉田市において独立開業することとなり、現在、開業して3年目を迎えています。

(8月29日)

全文を読む

教育

学びに向かう力をどうハカるか?
~コンピテンシー自己評価アンケート分析~

齋藤 祐/中央大学附属中学校・高等学校 国語科教諭
禰覇 陽子/中央大学附属中学校・高等学校 情報科講師

 2018年度、本校がSSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定校となったことを受け、コンピテンシー・ベースの観点別評価体制の開発を行うこととなった。

(3月7日)

全文を読む

HAKUMON Chuo

2019年夏号
学生記者が、中央大学を学生の切り口で紹介します。

迫力と一体感のダンスで会場魅了 ソングリーディング部「Garnet Girls」が国際大会で優勝

新たな“発見” に喜び、「化学の道」究めたい TBS「未来の起源」に出演 阿部叶さん(修士1年)

常に考えたい、私たちにできること 西日本豪雨被災地でボランティア活動 学生2人が体験記 石山智弥(経済学部3年)/北見洋樹(文学部3年)

一覧へ

MOVIE

Chuo-DNA
本学の歴史・建学の精神が卒業生や学生に受け継がれ、未来の中央大学になる様を映像化

Core Energy
世界に羽ばたく中央大学の「行動する知性」を大宙に散る無数の星の輝きの如く表現

一覧へ

特別企画

【鼎談】映画『きらきら眼鏡』が出来るまで

【常磐興産株式会社代表取締役会長・斎藤一彦氏×2014年度卒業生 中央大学座談会】復興への道を歩む、震災後の東北を見つめて

【木田元先生 追悼座談会】偉大な哲学者が遺したもの──その生き方と研究姿勢

一覧へ

東日本大震災関連

[広告]企画・制作 読売新聞社広告局