Find My Doctor
~かかりつけ婦人科医をもとう~ Find My Doctorプロジェクト
Find My Doctor
about

「女性の健康」を「女性だけの問題」でとどめるのはもうおわりにしよう

昨今、女性に関わるさまざまな困難や社会的な課題が日の目を浴びています。

とりわけ、女性の健康問題をとりまく社会的状況は決して女性だけの問題にとどめておくわけにはいきません。

月経随伴症状(PMSなど)による年間労働損失4911億円(日本産科婦人科学会推計)と推定されています。

少子高齢化で多くの女性が働きやすい環境改善を果たさなければならない中、
「検診や人間ドックを受けた者の割合」は20代・30代の女性が最も低く、30代に関しては男性が77.9%であるのに対し
女性は60.5%(厚労省「国民生活基礎調査の概況2019」)に留まっています。

乳がん、子宮頸がんともに患者の若年化が進んでおり、(国立がん研究センター「院内がん登録 小児・AYA世代がん集計について」)
晩婚化が進む中、不妊治療と仕事の両立が困難とする女性は83%(日本産科婦人科学会)にものぼります。

これらの問題は産業社会や企業にとって、健康経営に関わる大きな問題と位置付けられています。


そこで、読売新聞とOTEKOMACHIでは、「かかりつけ婦人科医を持とう~#Find My Doctor」プロジェクトを立ち上げます。

日本社会で生きる女性の健康のためにタブーを廃し、事実に依った丁寧な情報を。情報の世代間・性別間格差の是正を。

OTEKOMACHIサイト上やSNS、または新聞紙面を通じて発信して参ります。


日本のすべての女性のQOL向上のために。



CONTENTS

お悩み相談

お悩み相談

読売新聞朝刊は本紙で100年以上つづく名物コーナー『人生案内』や女性のお悩みにユーザーが答える『発言小町』など、人々の悩みに寄り添う媒体です。 「Find My Doctor」でも女性の健康問題や性に関する問題で悩む読者やユーザーの相談に、婦人科医や専門家、有識者が答えます。「母親がピルの使用に反対しています」、「彼氏がゴムを付けてくれません」など、とりわけ若年層相談者のお悩みに真摯に、適切に、はぐらかさずに答えます。

女の性と健康リアルルポ

女の性と健康リアルルポ

「婦人科ってどんなところ?」「子宮頸がん検診ってどんなことするの?」などの素朴な疑問について、実際に検査や機械を体験してその模様をレポートします。
「手に取る」「行ってみる」という一歩目のハードルが高い婦人科での検診や婦人科でできる相談内容とその幅の広さを知ってもらい、婦人科にかかるきっかけにしてもらえるような体験レポを展開。漫画を用いたレポートや韓国人女性による韓国の婦人科事情レポート(日韓比較)などSNSでの展開に適したコンテンツ制作をしてまいります。

フェムテック・オンザエッジ

フェムテック・オンザエッジ

Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけあわせた造語「フェムテック」。女性が抱える健康の課題をテクノロジーで解決できる商品(製品)やサービスのことを指し、生理予測・妊娠サポートをするアプリや婦人科オンライン診療などの事業者代表や開発者に商品・サービスの内容とポリシー、社会課題に対する意識や問題提起をインタビュー取材します。すべての女性のQOL向上のために。

「男性・他世代向けコラム」

男性・他世代向けコラム

プロジェクトを「女性同士の共感」だけにとどまらせないため、男性や小町世代以外の世代向けに女性の健康を自分ごととしてとらえられる切り口でコラムを連載。 女性の健康マネジメント先進企業の取り組みや、パートナーと一緒に受けることのできる検査について、など女性目線だけではとどまらない視点で取材します。


INQUIRY

活動に関心をお持ちの企業・自治体・研究機関の皆様

Find My Doctorプロジェクトは、このプロジェクトに関心をお持ちの企業、自治体、研究機関などと連携を広げ、深めて考えていきます。

このプロジェクトに関するお問合せは、以下のお問い合わせフォームよりお寄せください。

その際には、必ず「FindMyDoctorプロジェクト」と明記していただけますようにお願いいたします。