文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健考カルテ最新の医療や健康管理の秘訣などについて専門家がわかりやすく解説します。

脳梗塞の原因となる心房細動 早期発見で発症予防を目指す

済生会熊本病院
心臓血管センター循環器内科
不整脈先端治療部門最高技術顧問
奥村 謙(おくむら・
けん)先生

 脳梗塞のため救急車で病院に運ばれた人に、心房細動という不整脈が発見されることが多くなっています。心房細動が原因で起こる脳梗塞は、とくに重症化しやすいため発症前の予防が重要です。済生会熊本病院心臓血管センター循環器内科不整脈先端治療部門最高技術顧問の奥村謙先生は「脳梗塞を起こす前に心房細動を発見し、適切な治療をすることが大切」とアドバイスします。

Q心房細動とは?
A心臓が小刻みに震える

 心房細動は不整脈の一つです。心臓は正常な場合、安静時には1分間に60~100回規則的に拍動しますが、心房細動になると心房の拍動が300回以上になり、また心室の拍動も100回前後と速くなり、リズムも乱れ、不規則になります。動悸や胸の違和感などの症状が現れる場合もありますが、無症状のことが多く、自分で気づいていない人が相当いるのではないかといわれています。

 心房細動を起こす可能性は誰にでもあります。とくに60歳以上での発症が多く、80歳以上になるとさらにリスクが高くなります。性別では男性が女性の2倍発症しやすく、また、高血圧、肥満や過体重(BMI30以上)、多量飲酒、心筋梗塞の既往※1、睡眠時無呼吸症候群のある人はリスクが高い※2です。

Q心房細動から脳梗塞が起こるのはなぜですか?
A心臓にできた血栓が脳の血管に詰まる

 心房細動が起こると心房の動きが悪くなって血液がよどみ、血のかたまり(血栓)ができやすくなります。その血栓が血液の流れにのって脳の血管の太いところで詰まってしまうと心原性脳塞栓症を起こします。血管が詰まると、その血管から酸素や栄養を供給されていた部分の脳が死んでしまいます(脳梗塞)。心原性脳塞栓症の原因の多くが心房細動だといわれています。

Q心原性脳塞栓症はなぜ重症化しやすいのですか?
A脳の太い血管が詰まりやすいため影響が大きい

 脳梗塞には他に、細い血管が詰まるラクナ梗塞、中くらいの血管が詰まるアテローム血栓性脳梗塞がありますが、心原性脳塞栓症は太い血管が詰まることが多く、脳の広範囲に影響が及びます。特に高齢で発症するほど、より重症化しやすいことがわかっています。

 私がこれまでに調べたデータでは、心原性脳塞栓症を発症すると1年以内に50%が、死亡もしくは、治療によって助かったとしても寝たきりになるか、介護が必要になるほどの重症な後遺症が残る可能性が高くなります。

 脳の機能はいったん損なわれると元の状態には戻らないため、心房細動を早い段階で見つけて、脳梗塞を予防することがきわめて重要です。

Q心房細動を早く見つけるには?
A定期的な心電図検査と自分で脈をとる

 心房細動の診断には心電図検査が不可欠です。健康診断を受ける際には心電図検査も受けるようにしましょう。ただし、心房細動が不定期に起こる人(発作性心房細動)は検査の時に見つからないこともあります。早期発見のためには、日ごろから自分で脈をとって、異常があればすぐに循環器内科を受診することが大切です。

Q心原性脳塞栓症を防ぐ方法は?
A抗凝固薬で血栓をできにくくする

 心房細動がある人で、75歳以上、高血圧、糖尿病、心不全、脳梗塞を起こしたことがある―のうち1つでも当てはまる場合は、抗凝固薬で血栓を予防することが推奨されています※1。これらの条件に該当しなくても、65歳以上で動脈硬化が進んでいる場合など、個々のケースに応じて抗凝固薬の使用を慎重に判断します。

 抗凝固薬は、医師の指示通り、きちんと継続して服薬することが不可欠です。ライフスタイルに合わせて継続しやすいものを主治医の先生と相談して選びましょう。

※1 日本循環器学会:心房細動治療(薬物)ガイドライン(2013年改訂版)
※2 循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2008-2009 年度合同研究班報告)

Doctor's Advice

「心房細動の早期発見のためには、自分で脈をとる習慣をもつことが大切です。生活習慣を改善し、リスクを減らすことで、健康寿命を延ばしましょう。」

 日本脳卒中協会と日本不整脈心電学会では、心房細動による脳梗塞発症の予防を啓発するため、3月9日を「脈の日」、3月9日~15日を「心房細動週間」とすることを提唱しています。

 心房細動の早期発見のためには、日ごろから自分で脈のチェックをする習慣を持つことが大切です。脈の測り方は、人さし指、中指、薬指の3本の指の腹で手首の内側の親指側を触ります。15秒ほど脈をとって、一定のリズムを刻んでいれば正常です。脈が不整でバラバラに感じるような場合は、早めに循環器内科を受診しましょう。

 心房細動を防ぐためには、高血圧をきちんと治療し、適度な運動とバランスのよい食事で肥満にならないようにします。特に、お酒の飲みすぎは心房細動の発症要因となります。アルコール摂取量は適量であれば健康によいことがここ数年の研究でも明らかになってきました。お酒は1日1杯、食事を楽しむ程度にとどめたほうが良いでしょう。

 脈の日をきっかけに、脈をとる習慣をもち、生活習慣を見直して、健康寿命を延ばしていきましょう。

広 告 企画・制作 読売新聞社広告局