早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > オピニオン > スポーツ

オピニオン

▼スポーツ

金岡 恒治(かねおか・こうじ)/早稲田大学スポーツ科学学術院教授  略歴はこちらから

腰痛になったとき、どこで診てもらいますか?

金岡 恒治/早稲田大学スポーツ科学学術院教授
2019.3.25

 皆さんは“腰痛”を経験したことがありますか? 腰痛は人類の8割が一生のうちに一度は経験する一般的な症状です。日本での病院に受診する理由の一番は男性では腰痛で、女性も2位になっています。

 ひとことで腰痛と言っても、その原因はさまざまで、軽いものでは筋肉の疲労から、少しひどくなると腰の関節の炎症、椎間板の損傷。更にひどくなってくると神経に影響を及ぼす椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になり、痛みだけでなく麻痺症状が出てくると手術も必要になってきます。さらに怖いのは、ガンが背骨に転移して骨が壊れて腰痛を起こすもの、腹部の大動脈が損傷し腰痛と感じるものなどです。

 このように腰痛を起こす疾患は様々ですが、その8割は神経症状の出る前の段階の、手術を必要としない、レントゲンやMRIでも原因が特定できない腰痛です。そのため病院にいっても、画像検査で、“どこも悪くないですね”とか“原因不明です”と言われるかもしれません。そういうときはがっかりせず、“ガンでなくて良かった”ととらえて下さい。

 では痛みの発生原因はどこでしょう? だれでも筋肉や関節の痛みを経験したことはあると思います。山登りの後や、久しぶりに走った翌日には筋肉や関節の痛みがでます。腰痛も同じです。背骨どうしは3つの関節でつながっていて、筋肉で支えられています。重いものを持ったり、長時間立っていたり、スポーツをやりすぎると腰の関節や筋肉に負担がかかって、関節をつくる組織や筋肉に小さい損傷が起こり、それを契機に炎症が起きて、痛みがでてきます。

 傷んだところに同じ負担が加わると痛みが出るので、痛みが出ないよう、負担を加えないように気をつけていれば炎症は自然と治まり、損傷は自己修復されて完治します。このように、“痛み”は自己修復を助けるための危険信号の役割を持ちます。

 しかし、同じ動作を繰り返したり、良くない姿勢を取り続けたり、過度にスポーツを行っていると炎症は治まらず、自己修復機転が働き続け、コラーゲンの塊がつくられ、神経や血管が増殖し、慢性的になってしまいます。

 このような腰痛にはどのように対処すれば良いのでしょう? 最も大切なことは、痛みの原因になった負担を減らすこと。良い姿勢や、良い動きができて、腰の関節や筋肉に負担が加わらないようにするために、自分の身体の機能を高めることが完治のための唯一の方法です。そのためにいろいろな腰痛体操が紹介され、ピラティスやヨガも良い効果を与えてくれます。私は腰痛の運動療法の研究を行っており、書籍も出しておりますので、詳細はそちらをご参考下さい。

 運動が大切なのはわかっているけど、今現在、自分の腰の中で起きている炎症を抑えて、痛みを減らしたいときにはどうすればよいのか?そういうときには消炎鎮痛剤が使われます。いわゆる痛み止めですが、炎症を抑える作用がありますので、起きてしまった炎症を消すことを助けてくれます。

 では慢性的な腰痛になってしまって、抗炎症剤があまり効かないときにはどうしましょう? 最近では脳に作用して痛みを抑える薬や、末梢神経に作用する薬が使われています。これらの薬は腰痛の原因の炎症を抑えるのではなく、痛みを感じなくさせるものです。つまり非常ベルのスイッチを切る薬です。非常ベルが切れた、痛みを感じない状態で痛みの原因動作を続けていればどうなるか、、、組織の損傷が続く限り、治ることはありません。

 腰痛の原因がレントゲンで見えなくても、動かしたり触ったりすればおおよそ推定できます。場所が推定されたら、そこに負担が加わらないように身体機能を高める。そのような対処で痛みを抑え、炎症を抑えることが大切です。

 では誰が、どこで、レントゲンで見えない腰痛を評価し、正しい方法を教えてくれるのでしょう? “病院では教えてくれなかった”とご不満の方が多いと思います。しかし、病院で行われる保険診療はあくまでも重篤な2割の腰痛者を日常生活に戻すための役割で、身体機能を評価して正しい運動療法を教えて腰痛を予防させる役割は担っていません。

 ではどこに行けば教えてもらえるのか?残念ながら今の日本のシステムでは予防医療は普及していません。今後スポーツ医学の研究によって身体機能評価と介入方法が明らかにされても、それを実践する場がありません。超高齢社会、介護予防、健康寿命延伸、医療費削減などの問題の解決のためにも予防医療の普及が求められます

金岡 恒治(かねおか・こうじ)/早稲田大学スポーツ科学学術院教授

1988年筑波大学を卒業した脊椎専門の整形外科医師。筑波大学整形外科講師を務めた後に、2007年から早稲田大学でスポーツ医学、運動療法の教育・研究にたずさわる。シドニー、アテネ、北京五輪の水泳チームドクターを務め、ロンドン五輪にはJOC本部ドクターとして帯同した。アスリートの障害予防研究に従事しており、体幹深部筋研究の第一人者。
資格・委員等:日本整形外科学会専門医、JSPOスポーツドクター、日本水泳連盟理事・医事委員長、JSPOアスレティックトレーナー部会員、JOC情報医科学専門部会員、Tokyo2020組織委員会アドバイザーほか
著書:「腰痛のプライマリ・ケア」「一生痛まない強い腰をつくる」など多数。