早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > WASEDA NEO > 部下も上司も、生徒も先生も。万人に求められる「権限なきリーダーシップ」

WASEDA NEO

部下も上司も、生徒も先生も。万人に求められる「権限なきリーダーシップ」

 WASEDA NEOで開講している『21世紀のリーダーシップ開発』講座は、組織開発の分野においても注目を集める「権限なきリーダーシップ」を体系的に学べる講座です。約4ヶ月間で120時間の授業を履修する本講座は、学校教育法第105条が定める「履修証明プログラム」であり、修了者には所定の履修証明書が交付されます。また本履修証明プログラムは平成30年12月現在、文部科学省による「職業実践力育成プログラム(BP)」にも認定されています。

※「職業実践力育成プログラム(BP)」とは:
大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを、職業実践力育成プログラム(BP)として文部科学大臣が認定しています。
[文部科学省HP]
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/bp/index.htm

 講師の一人である、日向野幹也教授は早稲田大学の全学部学生に向けたリーダーシップ開発プログラム(LDP)の統括責任者を務めるリーダーシップ開発の第一人者です。

 本講座の第1期修了生、原田謙太郎さんは株式会社ビームスの人事本部で人材開発を担当されています。本講座を受講して社会のとらえ方までもがガラッと変わったそうです。日向野先生と原田さんに、講座に込めた想いや本講座での学びや仕事における変化などについて詳しくお伺いしました。

続きはこちら