早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > WASEDA NEO > “自分の人生に対する自覚”が、日本のキャリアを変える

WASEDA NEO

“自分の人生に対する自覚”が、日本のキャリアを変える

 人生100年時代に突入するいま、私たちは「キャリア」と向き合い、自らの生きる道筋を考えなければなりません。その際、いかなる観点からどのように考えていけば良いのでしょう。2019年1月よりWASEDA NEOは「人生100年時代を生き抜く『人間再開発』」のゼミナールを開講し、これからの日本人がキャリアを考える上で必要な知識と体験をアップデートできる場を提供いたします。

 その先駆けとなるシンポジウムが、2018年10月30日に開催されました。キャリア開発のスペシャリストが登壇した『日本のキャリアを変えよう!』の会場では、定員90名の参加者でいっぱいに。キャリアについて語るということを、多くの方が求めていたことが伺えます。

 まずは、参加者同士で本日のシンポジウムに臨んだ理由や現在持つ課題について、意見を交わしました。参加された皆さんの想いが共有されたところで、株式会社モチベーションジャパン代表取締役社長兼キャリアセルフ・エフィカシー研究所の所長 松岡保昌氏の基調講演が行われました。

続きはこちら