早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2016 早春号 SPECIAL REPORT

キャンパスナウ

▼2016 早春号

SPECIAL REPORT

図書館新時代

図書を読む人々が集う静かな空間――。
図書館といえば、そんな風景を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
しかし早稲田大学図書館では今、その有り様を大きく変えようとしています。
時代の変化に対応して、より多くの人々に役立つ存在へ。
アグレッシブに進化を遂げる、早稲田大学図書館の姿をご紹介します。

EVENT CALENDER

図書館イベントカレンダー

教育の現場と図書館の距離を縮めるさまざまな活動をご紹介します。

早稲田大学図書館ボランティア LIVS(WASEDA University Library Volunteer Staff)より

学生の目線で図書館の魅力を発信

文学部1年
大﨑千春さん

「利用者の学生自身の目線から、図書館をより良くしていこう」というコンセプトに興味を持ち、入学してすぐLI VSへの参加を決めました。最近の活動で印象に残っているのは、中央図書館の地下書庫やバックナンバー書庫の利用を促進する「発掘! 早稲田のBBN」という企画です。実際に中央図書館の施設や電子資料を活用して各自で興味のある事について調べ、そのレポートをLIVSのブログに掲載しました。図書館職員の方を含めた班のメンバーで何度も話し合って連載し、思った以上に良い反応がありうれしかったです。図書館職員の方々との距離が近く、色々なお話が聞けるのでとても勉強になります。これからも図書館の魅力や活用の仕方について学び、利用者に楽しく紹介していきたいです。