早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2013 盛夏号  SPECIAL REPORT

キャンパスナウ

▼2013 盛夏号

SPECIAL REPORT

教育のあり方が変わる

“ICT活用教育”

早稲田大学では他大学に先駆けて教育にICTを取り入れ、授業の質向上に取り組んできました。
“Waseda Vision 150”の核心戦略4「対話型、問題発見・解決型教育への移行」もそのひとつです。
早稲田のICTの現状とこれから、またICTを活用することで教育にどのような変化があるのかを探ります。

※ICT(Information and Communication Technology):情報通信技術

最新インフラと活用事例紹介

ICTを活用した新しい教育のかたち

本学では、授業でICT(Information Communication Techonology)を活用することにより教育効果の向上を目指しています。
ここでは、授業におけるICT活用の一例としてオンデマンド授業、海外大学との遠隔交流授業、そして授業支援ポータル「Waseda - net Course N@vi」について紹介します。

オンデマンド授業

 オンデマンド授業とは、教室授業の一部またはすべてをインターネット動画配信とする授業方式で、本学では2000年から導入されています。履修者は授業期間中であればいつでも、どこでも、何度でも講義動画を視聴することができます。理解できるまで繰り返し視聴できる点で、教室授業よりも分かりやすい、という意見も。現在、全学で約1,000の授業(eスクール設置科目含む)でオンデマンド授業方式が取り入れられており、今後も利用の拡大が見込まれます。

 また、オンデマンド授業は一方的な動画の配信にとどまらず、Course N@vi上で課題のピアレビュー、電子掲示板システム(BBS)を利用したディスカッション、教員からのこまめなフィードバックなどを実現しており、双方向性を担保しています。

受講生の声
オンデマンド授業の魅力

履修科目:数学基礎プラスα・β・γ
古城大志さん(社会科学部3年)

 受講のきっかけは、数学を実生活に応用した「数学基礎プラスシリーズ」の授業内容に魅力を感じたからです。オンデマンド授業のため、時間割を気にせず気楽に受講できました。また、疑問を抱いた時はいつでも何度でもビデオを見直し、BBSなどを利用して質問ができます。TAのみならず、学生同士でもヒントを出し合うので、すぐに疑問が解決します。こうした環境は理解を深める助けとなりました。「いつでも都合のつく時にできる」というオンデマンドの特性は、「勉強したい」と思う学生の強力な味方です。

人間科学部通信教育課程(eスクール)

 2003年度に開講した日本初のインターネットによる通信教育課程です。ほぼすべての授業をオンデマンド授業としてインターネットで配信しており、大学に通学する必要がないため、多忙な社会人や、地方または海外に在住する通学困難な学生など、10代から60代以上の幅広い年齢層が学んでいます。授業とは別に、インターネット上にバーチャルな「ホームルーム」を開設し、電子掲示板システム(BBS)を通じて教員・受講生同士が交流できる場が提供されています。

卒業生の声
スケートと勉強の両立を可能にした通信教育課程eスクール

株式会社フジテレビジョン
中野友加里さん
(2008年人間科学部通信教育課程卒、2010年大学院人間科学研究科修士課程修了)

 3歳からフィギュアスケート一色で、海外遠征も頻繁だった私は、大学へ通学して学ぶことをあきらめかけていました。しかし母が提案してくれた早稲田大学eスクールのおかげで、スケートと勉強の両立という夢が実現しました。

ⒸT-HONMA

 通信制で大学を4年間で卒業することは難しく、スケートと両立すると中途半端になってしまう恐れもあります。しかし早稲田大学eスクールは、時間がない人や頻繁に移動する人にとって非常に学習環境が整っています。パソコンとネット環境が整えば、場所や時間を選ばずにどこでもオンデマンド授業を受けることができますし、クラスごとに教育コーチがいるので授業に対する質問の返答やアドバイスも適宜いただけます。他学科の科目も履修可能で、自身の視野を広げることができました。このシステム・環境を整えてくださった方々にとても感謝しています。

 私はスケートと勉強の両立を通じてさまざまな経験をしました。泣いて笑って悔やんで……。そうして失敗しながらも、小さな目標を達成していくことが次の挑戦へのエネルギーにつながったと思います。社会人4年目の今、不安と期待が交差する日々ですが、早稲田大学の学部・大学院の6年間で学んだことが、そこここで役立っているのを実感しています。一日も早く会社・社会に貢献できるよう、今後も精進したいと思います。

海外大学との遠隔交流授業
CCDL(Cross-Cultural Distance Learning)授業

 語学・国際交流においてもICTが効果的に活用されています。本学ではテレビ会議システムやWebチャットシステムを活用した海外大学との遠隔交流授業を積極的に導入しています。オープン教育センター設置科目「CCDL(Cross-CulturalDistance Learning)」では、アジア各国の大学とリアルタイムでディスカッションすることにより、英会話のスキルだけでなく異文化理解のスキルも同時に学ぶことができます。「Tutorial English※」で身につけた英語力をさらに伸ばし、より実践的な英語力の習得を目指す学生だけでなく、海外留学経験者で英語による交流機会を通じ、英語力を維持したいという学生にとっても満足度の高い授業プログラムです。

※ネイティブのチューター(講師)1名に学生4名という少人数で行う英語科目で、年間8,000名以上が受講。

受講生の声
英語でのディスカッション能力が向上

森 南美さん(政治経済学部2年)

 1年前期に受講したTutorial Englishの延長として、CCDLを紹介されたのが受講のきっかけです。さまざまな外国人学生の意見を聞くことができ、実践的なディスカッション能力を得られるところが魅力です。週一回、台湾の学生とさまざまなトピックでディスカッションする中で、たくさんの驚きがありました。また、この授業をきっかけに、International Student Forumに参加し、そこでファシリテーターの役を務めるなど、さまざまな経験につながりました。英語でのディスカッション能力はまだまだ未熟なので、これからもCCDLでスキルアップしたいです。

授業支援システム「Course N@vi」

 「Waseda-net Course N@vi」は、本学が独自に開発し2007年度より運用しているLMS(Learning Management System)です。お知らせ、資料提示、ディスカッション、レポート提出、小テスト、アンケートなど授業運営上必要とされる多種多様な機能が提供されています。オンデマンド授業はもちろんのこと、通常の授業でも活用が進んでおり、授業運営の効率化、授業の質向上、学生の満足度向上に寄与しています。

各種機能

■「Silverlight」による安全かつ安定的な講義動画配信

 講義動画は「Silverlight」方式で配信。OSやブラウザを問わず視聴可能で、不正ダウンロードや不正コピーを防止します。あわせてCDN(Contents Delivery Network)という大規模配信サービスの利用により、アクセスが集中しても安定して動画を配信することが可能です。

■類似度判定機能

 剽窃(ひょうせつ)・盗用に関する教育的な指導を目的として、Course N@viのレポート提出機能にWebページや提出レポート間の類似度を判定する機能を導入。学生は剽窃・盗用をしていないことを表明した上でレポートを提出し、類似度が高いと判定された場合は教員が引用状況や判定内容を確認した上で学生に適切な指導を行います。

■コンテンツ制作・配信プラットフォーム「Waseda-net Commons」

 PCにカメラとマイクが接続(内蔵)されていれば、手軽に動画コンテンツを制作、アップロード、配信できるシステム。教員が予習用教材や休講時の講義部分の代替などに利用するほか、学生がゼミや演習での発表に利用するといった使い方も増えています。

授業のほかにイベント利用も。2012年から韓国の高麗大学と共同で開催している「Global PresentationCompetition」(写真上2枚)や今年3月に開催した「Waseda Vision 150 Student Competition」(写真下2枚)では、学生が制作したプレゼンテーション動画をWaseda-net Commonsにアップロードし、オンライン上で予選審査が行われました(決勝は対面式のプレゼンテーション)