早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 2013 新緑号  SPECIAL REPORT

キャンパスナウ

▼2013 新緑号

SPECIAL REPORT

「Waseda Vision 150 Student Competition 2012」

学生が描く“Wasedaの未来”

早稲田大学の中長期計画“Waseda Vision 150”では、その達成のために、大学の主役である学生による教育・研究への積極的な参画を重要視しています。そこで学生が考える“Wasedaの未来”をコンペ形式で発表してもらうイベントとして、「Waseda Vision 150 Student Competition 2012」を開催。早稲田大学校友会共催、早稲田大学デジタルキャンパスコンソーシアムの協賛のもと実現に至りました。

初の開催となる今回は応募39チームの中から7チームが決勝大会に進みました。3月18日に小野記念講堂で行われた決勝大会での各チームの様子を追うと同時に、早稲田大学が学生に対してどのような期待を持っているのかをお伝えします。

※“Waseda Vision 150”についてはこちら http://www.waseda.jp/keiei/vision150/

インタビュー

学生、教職員がアイデアを出し合い
化学反応を起こすような大学を目指して

同大会の審査委員長を務めた橋本副総長に、“Waseda Vision 150”に込めた思いと、学生参画の意義について伺いました。

学生は共に大学を支え 発展させるパートナー

副総長(理工学術院教授) 橋本周司

――“Waseda Vision 150”に込めた想いをお聞かせください。

 20年後の創立150周年に向けて、早稲田大学はどうありたいのかを示したのが“Waseda Vision 150”です。組織が大きくなるほど、全員がひとつの目標に合意することは容易ではありません。そこで20年後という近くて遠い未来に向けて全員が心ひとつに前進するために策定したのがこのビジョンです。20年後の早稲田の学生たち、早稲田の研究、卒業生たち、そして大学の仕組みについて目標を掲げました。

 実はこの100年、人類の夢はそんなに変わっていません。例えば、空を飛ぶ、月に行く、あるいは、自由で平等な社会というのも永年の夢です。でも、かつて人類が思い描いた夢の多くが実現しつつある今、夢と現実のギャップは小さくなってきました(図参照)。このギャップの幅がある程度大きくなければ人も社会も元気が出ず、進む方向が見えずに停滞してしまいます。そこから脱するには、夢をもっと高く引き上げる必要があります。これまでの大学は現実を夢に近づける方法を教えてきましたが、これからは100年先、200年先に向けた新しい夢の見方を考えなければなりません。なぜなら次代の夢は、大学の中で、多様な人材が自由にアイデアを出し合い、それらが化学反応を起こすことで生まれるものだからです。今後の社会のあり方、人類が進むべき道を示すこと、それが大学に求められている役割であり、大学の存在意義と言えます。さらに、その夢の実現を目指して行動できる人材を育てることが重要です。

――“Waseda Vision 150”における学生の位置づけを教えてください。

 私立大学にとって学生は大事な「お客様」ですが、一方で大学を共に支え発展させる大切な主人公です。そのことを学生の皆さんに理解していただきたい。しかし最近は、学生が大学の主人公とは違う位置にあるように感じています。私が学生だった四十数年前、学生は大学の主人公でした。クラス代表が先生に「○○について討論したいので今日の授業は別の日にしてほしい」と交渉するとそれが通った。今では、必ずしもそれが良いとは思いませんが、そのような時代の雰囲気の中で学生が自由に振る舞うことで大学は今とは異なる活気があったように思います。もちろん責任は伴いますし、特定の思想に偏らないことが前提です。大学とは、いろいろなところから多様な意見が湧き出てくる湧水地であり、その最大の源泉は学生です。

学生には「変える力」がある

――今回の大会の感想をお願いします。

 今回の大会は、学生が大学に意見を述べる絶好の機会だったと思います。学生たちの発表を聞き、学生は共に早稲田大学を発展させるパートナーとして頼むに足る存在だと実感しました。皆さんが“Waseda Vision 150”の趣旨を良く理解してくれている。どの提案もすばらしく、こうやって学生が積極的に意見してくれることをうれしく思っています。一方で、決められた枠内に留まったアイデアが多いという印象も受けました。今あるものを改良することは大事ですが、まったく違うところにジャンプするイノベーションも重要です。そして大きくジャンプするバネは若い人の方が持っています。もっと大学側が脱帽するような提案があれば、さらに刺激になったかもしれませんね。

――学生が考え、行動することで大学や社会が変わるということでしょうか。

 誰もが「変える力」とチャンスを持っています。しかし今の世の中は、ごく一部の人たちが考えて決めたことを実行していて、他の人はそれに従う状況に慣れてしまっている。それではトップにならなければ何も変えられない社会になってしまう。どんな小さなことでもいいので、学生には「自分が発言し行動することで変えられるものがある」ことを知ってほしいのです。今回の大会で出た学生の提案の中にはすでにプロジェクトに組み込まれて動き始めているものもあります。思いが実現するという成功体験に味をしめてほしい。そしてその学生たちからさらに多くの意見が出ることで、よりよい大学、社会になっていくと信じています。

 余談ですが、数学者で物理学者のノイマンという人の「不完全な部品を使って完全なシステムをつくる」という理論があります。世の中に当てはめて分りやすく言うと、人間一人ひとりは不完全で判断を誤ることもありますが、不完全な人間の集まりでもそれぞれが自主的に判断することで全体として完全な答えに近づくというものです。社会も大学も不完全な人の集まりですが、もっと完全に近づけるはずです。そのためにも、自分で考え多くの人と意見交換をしながら答えを出すことのできる学生が育ってほしいと考えています。

学生が生き生きと活躍できる大学でありたい

――今後の早稲田大学が目指すべき姿についてどのようにお考えですか。

 明治に入り、「藩」という狭い地域から「日本」へと視野を広げた藩校が、その後、大学や旧制中学として日本の教育を担っていったように、日本の大学は視野を世界へと広げる必要があります。今がその変化のときです。国内はもちろん、世界中から「早稲田があって良かった」と思ってもらえる大学にするためにも、常に先を見て進化し続ける大学でありたいと思います。幕末にいくつかの私塾が藩校に先んじて地域の枠を超えたことを考えれば、その可能性は私立大学こそ高いはずです。

 まずは学生の主体的な行動が成功体験につながる場を整えたいと思います。そうして人や社会に貢献することを喜びと考える学生が増え、校友として世界中で活躍する道筋を作ります。また、大学という囲いの中でどのような教育がされ、何が議論されているのかを社会に公開することも重要です。早稲田大学で優秀な学生たちがぐんぐんと成長しているところを、世界中の人たちに見ていてほしいのです。授業の様子が世界中から見られているということになれば、教員も学生も今まで以上に張り切って真剣になるでしょう。

――未来に向けた橋本先生の思いをお聞かせください。

 大学にとって学生は、ご家族からだけでなく社会から預かった宝物です。預かりがいのある学生が早稲田に集っている喜びと、その学生を社会に満足してもらえる人材へと育て輩出していく責任の重さを感じています。優秀な人材を「作る」のではなく「育てる」ためにも、大学は学生自身が生きて主体的に行動できる場を提供したいと思います。

 学生のころ、先生方に「大学とは何か。大学はどうあるべきか」と問いかけたことがありますが、これまでどの大学も答えを出せてはいないように思います。この根源的な問いに答える立場となった今、何とかそれを見つけたいと考えています。その答えの基本が、世界中から集った学生が生き生きと活躍できる大学であり、その学生の声をしっかり受けとめられる教職員であると思うのです。