早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 2013 新緑号  SPECIAL REPORT

キャンパスナウ

▼2013 新緑号

SPECIAL REPORT

「Waseda Vision 150 Student Competition 2012」

学生が描く“Wasedaの未来”

早稲田大学の中長期計画“Waseda Vision 150”では、その達成のために、大学の主役である学生による教育・研究への積極的な参画を重要視しています。そこで学生が考える“Wasedaの未来”をコンペ形式で発表してもらうイベントとして、「Waseda Vision 150 Student Competition 2012」を開催。早稲田大学校友会共催、早稲田大学デジタルキャンパスコンソーシアムの協賛のもと実現に至りました。

初の開催となる今回は応募39チームの中から7チームが決勝大会に進みました。3月18日に小野記念講堂で行われた決勝大会での各チームの様子を追うと同時に、早稲田大学が学生に対してどのような期待を持っているのかをお伝えします。

※“Waseda Vision 150”についてはこちら http://www.waseda.jp/keiei/vision150/

受賞チームが語る

20年後の“Waseda”への思い

決勝大会へ進出した7チームの中から、金賞、銀賞、銅賞に輝いた3チームの発表内容と受賞コメント、奨励賞の4チームの感想を紹介します(学年は決勝大会当時のものです)。

金賞

チームわせ女

「人×人=無限大」

左から
齋藤由佳さん(国際教養学部4年)
三浦絵里香さん(政治経済学部4年・チーム代表者)

発表内容

「大学生活の充実度は、他の人と一緒に何かをしている時に高くなり、その充実度が高いほど大学が好きだ」というアンケート結果より、誰かと何かをする=大学が好きという正の相関図が成立すると仮定。しかし学生数が多い早稲田では学生一人ひとりのつながりが希薄になりがちで、授業に出ているだけでは親密な友人付き合いが難しく、友人と議論する場が少ないのが現状。そこでアメリカの大学で自主的に開催されている少人数の勉強会“Study Group”と、交流の場“Wスペース”の設置の二つを提案。学生同士が深く付き合い授業への深い理解を得ることが、ひいては愛校心につながる。さらに、交流を通じて自分と相手の両方の価値観を尊重することを学ぶことが、周りを巻き込んで自分の夢を実現させていくグローバルリーダーの育成には必要。「人×人=無限大」には、「個性的で自立心のある早大生だからこそ、もっと人と出会うことで新たな価値を生み出せるはず」という思いが込められている。

受賞コメント

学生はもっと大学に意見し、自分たちが大学を良くするという意識が大切!

 元々、学生が大学へ提言できる場があれば良いなと考えていました。たまたま大学職員の方からこの大会の話を聞き、中学校からの友人同士で参加することにしました。

 徹底したのは、「伝わるプレゼン」です。ゼミでの発表とは違い、舞台上から観客へ、いかに分かりやすく伝えるかを意識しました。頭に入りやすい構成を二人で何度も議論しながら台本を用意しました。また、リハーサルの様子をビデオに撮って念入りにチェックして立ち位置にも工夫を加えました。初めての大舞台でのプレゼンということもあって、本番では台詞が飛んでしまったり、パワーポイントがうまく扱えなかったりと苦労しましたが、プレゼン後に審査委員や観客の方から「分かりやすいプレゼンでした」と言葉をいただき、努力が伝わった喜びと、諦めずに作り上げて良かったとのうれしさがこみあげてきました。

 私たちの提案が実現するかは分かりませんが、20年後の早稲田は、ぜひ学部を越え、国籍や文化を越えて人と人が交流できる場であってほしいです。「集まり散じて 人は変れど 仰ぐは同じき理想の光」と校歌にあるように、卒業後の進路は別れても「早稲田で出会った友人」と「夢」を共有できると素晴らしいと思います。他チームの提案を聞き、私たちと同じように「早稲田を良くしたい」といろいろな切り口で考えている学生がいることに感動しました。学生はもっと大学に意見を伝えていくべきだと思います。私たちも4年目にして初めて大学に提案しました。この大会を通して、学生が主体的に活動できる早稲田は、学生、教員、職員が連携してより良い大学に育つはずだと実感しました。後輩の早大生たち、そして未来の早大生の皆さん、20年後の世界の“Waseda”のために、もっともっと早稲田大学を盛り上げていってください。

銀賞

早稲田大学広告研究会研究局

「早大生の早大生による受験生のための早稲田大学説明イベント案」

左から
宮木 諒さん(政治経済学部3年)
島田大河さん(スポーツ科学部3年・チーム代表者)
藤村 航さん(文化構想学部3年)
内田沙紀さん(商学部3年)※当日欠席

発表内容

早稲田大学広告研究会が実施した“wasPARTY”を元に、受験生に対して学生の視点から早稲田の良いところを伝えるイベントの開催を提案。「早稲田大学を広告する」をテーマに、アカデミックさを加えた。全学部の代表によるパネルディスカッションや海外からの留学生の生の声を伝えることで、受験生にグローバルな“Waseda”をアピールし、それが早稲田の競争力向上につながる。

受賞コメント

学生文化を発信する大学であり続けてほしい!

 自分たちが実現したイベントの価値と将来性については絶対の自信を持っていたので、それをしっかりと伝えることを心掛けました。20年後の自分も、日本も、世界も想像はつきませんが、早稲田だけは20年後も建学の精神を持って学生文化を発信し続けていると思います。“Waseda Vision 150”は共感できる部分が多く、ビジョンとして掲げたものが一つでも多く実現されることを期待しています。今回の提案がビジョンの達成に貢献できればうれしいです。

銅賞

国際人的交流推進チーム

「GPA導入によるグローバル人材育成推進」

左から
光守智秀さん(文化構想学部4年・チーム代表者)
大崎健太朗さん(文学部4年)

発表内容

いざ留学を思い立っても、留学前・後に複雑な事務手続が必要なため、進学や就職(活動)に支障をきたすことが多々あると同時に、単位認定の成績換算基準も曖昧。そこで、事務手続の効率化と正確な成績評価を可能にするため、アメリカ式GPAの導入を提案。国際基準に統一することは、日本人学生の海外への留学率を高め、それが国際的視野を持つグローバル人材の育成を加速させる。

受賞コメント

学生は大学の国際化にコミットする責務がある!

 大学が学生から提案を募集したこの大会は、真の国際化への第一歩だと感じました。私たちは文学部・文化構想学部からの留学経験者で、国際的視野を持つ者として大学の国際化の過程にコミットする責務があると考えています。「世界のWaseda」となるには、外国人留学生の誘致はもちろん、日本人学生を海外へ送り出すことが不可欠です。それが早稲田の国際的認知度の上昇につながるでしょう。「日本の早稲田」という国内評価の上に胡座(あぐら)をかく時代は、もう終わったと考えています。

奨励賞

高校生なび

 毎年新入生を支援してきた大学公式プロジェクト・新入生応援団体「こうはいナビ」として何か大学に提案したいと思い、早大生が地方の高校へ赴いて早稲田の魅力を伝える「学生出張型トークライブ」を企画。地方の受験生は早稲田の情報を十分に入手できない現状や過去5年間の入試結果から、地方学生の減少が危ぶまれます。将来を見据えたグローバル化のためにも、早稲田の伝統や特色である「学生の多様性」は不可欠です。グローバル化など社会の変化に合わせる一方で、何十年経過しても伝統や特色は色褪せずに発展してほしいと思います。

KYM Waseda

 海外留学の体験をもとに研究への学生の主体的参加と競争を促すシステム、そして早稲田のフィールドを世界へ広げることに重きを置いて提案しました。私たちが考えることはすでに大学側が考え実行に移しているものが多く、一方で独創的なアイデアは財政面や実施段階での実現性が損なわれるため、このバランスに苦労しました。今後は校友として早稲田の発展と活躍を見守り、できる限り協力したいです。これまでのWasedaの先駆的な取り組みを考えると、20年後という未知の世界も自らの手で創りあげることができる大学、学生だと確信しています。

チーム・シアター早稲田

 私たちは演劇を通じた仲間です。現在、早稲田演劇は外に発信する機会を失い、同時に稽古場の不足に悩まされています。理由の一つは早稲田演劇発展の歴史を物語る「どらま館」が耐震強度の問題で2011年に取り壊されて以来、それに代わる劇場がないことです。早稲田演劇の未来のためにも、「どらま館」に代わる施設が必要だと考えました。これは演劇学生のみならず、大学の枠を超えて早稲田の街としての利益につながるはずとの思いもあります。20年後の早稲田演劇も、エキセントリックで根暗で、ポップでアンダーグラウンドでありますように!

ワセダコンシェルジュ

 「こうはいナビ」の現役とOBとして活動する中、大学の提供する学生支援サービスの多くが学生に知られていないという事実を知りました。充実したサービスも活用されなければ意味がありません。そこで既存のサービスを生かすため、学生による広報を提案しました。発表では一つのモチーフ(歯車)を繰り返すことでストーリー性を持たせるなど工夫しました。新しい制度やサービスの一つとして私たちの提案が実現すれば良いと思います。最近、他大学に押され気味との報道が多いですが、早稲田らしさを失わず、もっと発展してほしいと願っています。