早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2013 新緑号  SPECIAL REPORT

キャンパスナウ

▼2013 新緑号

SPECIAL REPORT

「Waseda Vision 150 Student Competition 2012」

学生が描く“Wasedaの未来”

早稲田大学の中長期計画“Waseda Vision 150”では、その達成のために、大学の主役である学生による教育・研究への積極的な参画を重要視しています。そこで学生が考える“Wasedaの未来”をコンペ形式で発表してもらうイベントとして、「Waseda Vision 150 Student Competition 2012」を開催。早稲田大学校友会共催、早稲田大学デジタルキャンパスコンソーシアムの協賛のもと実現に至りました。

初の開催となる今回は応募39チームの中から7チームが決勝大会に進みました。3月18日に小野記念講堂で行われた決勝大会での各チームの様子を追うと同時に、早稲田大学が学生に対してどのような期待を持っているのかをお伝えします。

※“Waseda Vision 150”についてはこちら http://www.waseda.jp/keiei/vision150/

決勝大会ルポ

「Wasedaの未来を変える」学生の力

3月18日に開催された「Waseda Vision 150 Student Competition 2012」決勝大会の様子を紹介します。

決勝大会までの流れ
エントリー プレゼンテーション制作・出品 予選審査・投票 決勝大会

決勝大会概要
日時:3月18日(月)13:30~ 会場:早稲田大学小野記念講堂

来場者に思いを伝えたいと発表にも熱がこもる

リハーサルから学生パワー全開!

 晴れわたる青空のこの日、早稲田大学小野記念講堂にて「Waseda Vision 150 Student Competition 2012」決勝大会が開催された。この大会は、“Waseda Vision 150”を軸に早大生の考える“Wasedaの未来”をコンペ形式で発表してもらうイベントだ。1回目となる今回は総エントリー57チーム(参加学生203名)中、39チームが予選審査にプレゼンテーション動画を提出。理事、教職員、校友で構成された審査委員による審査に、学生、教職員によるオープン投票の結果を加味した予選審査の結果、7チームが決勝大会へと駒を進めた。

発表の合間に他チームと交流

 決勝大会当日は朝から準備が進められ、9時半頃から発表チームが順次やってきては、職員や小野記念講堂のスタッフと共に流れや立ち位置、照明、機材、パフォーマンスなどをチェック。中にはリハーサルの様子を録画して最終確認をするチームもいて、本番への気迫が表われていた。リハーサルを終えた学生らは「大学生活の経験・体験から、未来のWasedaのために何を変えるべきかを真剣に考えました。大きな舞台で発表する機会を得られてうれしいです! 友人たちが応援に来てくれるので、本番は落ち着いて発表したいです」と意気込みを語った。

学生の迫力ある提案が会場中を魅了

 午後1時、約120名の来場者が続々と会場入り。開始10分前には少し緊張気味の発表チームと6名の審査委員が入場し、決勝大会がスタートした。最初に司会の谷口邦生理事から大会の趣旨説明があり、続いて審査委員長の橋本周司副総長から「早稲田大学は20年後に向けたビジョンを示し、その第一歩を踏み出しました。この大会はビジョンを実現させるための核心戦略の一つ”大学の教育・研究への積極的な学生参画の推進”に該当します。どの学生も“Waseda Vision 150”を読み込んだ上で、私たち教職員とは違う視点から提案してくれるものと期待しています」と挨拶があった。

学生、ご父母、校友、大学関係者など約120名の来場者があつまった

 そしていよいよ学生の発表だ。1チーム10分+質疑応答という短い持ち時間の中で、学生たちは自分の目で見た大学の現状とそれに対する提案を発表する。評価基準は①全体構成力、②費用対効果、③創造性・革新性、④顧客満足、⑤客観性・説得性、⑥実現可能性、⑦発展性など提案内容に関する要素、⑧資料に関する要素、⑨プレゼンテーションスキルに関する要素の計9項目。優れた提案内容はもちろん、イメージ動画を流したり、舞台中央までせり出して思いを訴えかけたりと、学生たちの趣向を凝らしたパフォーマンスに審査委員も来場者も真剣な表情で見入る。質疑応答も活発に交わされるなど、学生たちの「自分たちの提案でWasedaをもっと良くしたい!」という熱い思いが会場中に満ちあふれた。

金賞は女子学生二人組の「チームわせ女」

結果発表に驚き喜ぶ学生

 激戦の末、金賞「チームわせ女」、銀賞「早稲田大学広告研究会研究局」、銅賞「国際人的交流推進チーム」という結果に。チーム名が発表されるたびに会場内から大きな歓声が上がった。受賞チームには総長から表彰状と副賞が贈られた。金賞の「チームわせ女」は、同じ授業を履修する学生同士が集まって学習する“Study Group制度”や、学生が交流できる場“Wスペース”を提案。「今、喜びと緊張で手が震えています。学生生活最後に良い経験ができ、有終の美を飾ることができました。ありがとうございます!」と満面の笑みを浮かべた。

 橋本審査委員長から「世の中には同じような問題が多々あり、学生の皆さんの提案はそれらに対する一つの答えだと思います。受験生に向けた提案が学生から出て来たことが本当にうれしいです。真摯な欲求として受けとめ、答えを模索していきたいと思います」と講評があった。続いて本学の校友でもある特別審査委員の出井伸之氏から「世の中は急速に変化しています。大学も学生もその変化を認識し、新しいことにチャレンジしてほしい。もっと若者らしい発想があっても良かったですね。皆さん、社会に出ても、早稲田魂を忘れず広げていってください」と、学生、大学の双方に対する激励が述べられた。最後に鎌田薫総長から「どれもすばらしい提案でした。今、私たちがやらなければならないことを的確に指摘していたと思います。この大会は大学と学生の協働関係の第一歩。手を取り合って改革を前進させたいと考えています」とVisionの実現に向けた抱負が語られた。