早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 錦秋号 SPECIAL REPORT

キャンパスナウ

▼錦秋号

SPECIAL REPORT

男女共同参画社会を実現し、新たな知を創造する

男女共同参画社会とは、男女の性にかかわらず、平等に社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、共に責任を負う社会をいいます。男女共同参画社会の実現には、教職員のワークライフバランスの充実や若手研究者支援、男女共同参画の意識を持った学生を社会に輩出するといった、大学の役割が重要です。
本学における取り組みをはじめ、大学に求められている役割、意義について探ってみます。

Chapter.2

男女共同参画への本学の取り組み

男女共同参画推進室の活動をはじめ、大学内で行っている男女共同参画への取り組みを紹介します。

真のグローバル化に向けた男女共同参画

齋藤 美穂
男女共同参画担当理事( 人間科学学術院教授)

 本学の男女共同参画を振り返ると、女子学生が入学した1939年までさかのぼることができます。他の総合大学に先駆けてすべての学部が女性に門戸を開いたということは、本学に確かに根付いた「男女共同参画の芽」だと思います。

 そして2007年の創立125周年を機して「早稲田大学男女共同参画宣言」を発表すると同時に、私立の総合大学として初めて男女共同参画推進室を設置、本年で満4年となります。その間、推進室を中心にさまざまな取り組みが行われました。文部科学省から男女共同参画推進のための事業費を獲得したり、サポートセンターや託児室を開設するといった環境の整備、意識向上を目的としたシンポジウムや講演会の開催、キャリア初期研究者への支援、人権やジェンダーに関わる科目の設置、教育・研究の推進、刊行物およびWebサイトによる進捗状況の周知、各学部に実施したヒアリングなどがその一部です。さらに昨秋には日本で初めて開催された「APEC JAPAN 2010」の一環である「APEC女性リーダーズネットワーク会合」のサイドイベントとして、内閣府や新宿区などと共催でシンポジウム「自分らしく生きるための力(キャリア)―女性の経済活動への参画と自立―」を開催しました。

 今、本学はグローバル化に力点を置き、世界から多くの留学生を受け入れると同時に海外へも送り出し、多様で国際的な知識や視野を持った学生たちが、やがて人類の幸福に貢献してくれることを願っています。その学生たちが海外では当然のごとく普及している「男女共同参画」のマインドを持たなければ真のグローバル化は到底成し遂げられないことは確実です。それと同時に、そのようなマインドを持つ学生を育成するためには、教職員のみならず、ご父母の皆様にも男女共同参画がどのようなものであるかを「知って」いただき、それに対する「意識」を持っていただくことが大切です。

 今後も学内の学部間の連携のみならず、他大学との連携や広報・啓発活動を一歩づつ地道に続けることにより、遠い昔に本学に根付いた「男女共同参画の芽」が大輪の「花」を咲かせることができるように尽力したいと思います。

男女共同参画推進室の刊行物

数字で見る早稲田大学構成員の男女比率

※ 専任職員に限ってみると、女性数2001年度223人(28.3%)が、2011年度185人(23.1%)に減少。

キャンパスに広がる男女共同参画の輪

制度・環境

おむつ交換台

 本学ではさまざまな諸制度・施設を整え、教職員および学生の就労(就学)とライフイベントの両立を支援しています。教職員の諸制度には、出産休暇、育児休職、看護休職などのほか、福利厚生事業や保険事業などで用意された、さまざまなライフイベントのサポートプランがあります。これらの諸制度の内容面での拡充を図るとともに、誰もが気兼ねすることなく利用できるような職場環境の整備に努めています。

 施設面では、キャンパス内のトイレの一部にベビーチェアやおむつ交換台があるほか、別途、授乳兼搾乳室なども設けています。本年5月には、従来から設置されていた東京都認証保育所「ポピンズナーサリースクール早稲田」とは別に、学生と専任教職員を対象とした一時預かり専用の「早稲田大学学生・教職員託児室」を開設しました。

諸制度について(教職員対象)
出産休暇
産前休暇8週間、産後休暇8週間の出産休暇を取得できます。
育児休職
子どもの養育のため、生後満1歳に達する日まで休職できます(事情により期間を延長できるケースもあります)。
看護休職
看護対象家族1名につき通算1年間の範囲内で、看護を目的に休職できます。
その他
ベビーシッター育児支援事業割引券、ホームヘルプ補助、福利厚生パッケージサービスなどがあります。
利用者の声
育児休職制度を利用して
三好浩司さん(図書館専任職員)

 長女の保育園転園と長男の出産が重なったため、3週間の育児休職を取得しました。育児休職中、私が長女の世話や家事の一部を担うことで、新生児の世話で寝ることもままならない産後の妻の負担を少しは和らげることができたと思います。一人でも多くの教職員が制度を利用できるようになれば良いと思います。

ワークライフバランス・サポートセンター

畳エリアでは、靴を脱いで、子どもと一緒にくつろぐこともできます

 ワークライフバランス・サポートセンターは、西早稲田キャンパス60号館にあり、男女を問わずすべての教職員・学生が利用できます。教育研究・就労・学習とさまざまなライフイベントとの両立支援や、大学院学生や若手研究者のキャリア形成支援を行っています。センター内には授乳兼搾乳室や畳エリア、相談室があります。相談室では経験豊富な相談員が、キャリア形成や両立などライフスタイル上の諸問題に関する個別相談を受け付けています。また、キャリア支援やワークライフバランス関連の図書資料もあり、自由に閲覧できます。
http://www.waseda.jp/sankaku/

センター内の施設

相談室/授乳兼搾乳室/畳エリア/交流エリア/
図書資料書架/事務スペースなど
※子ども連れでの研究打ち合わせ、昼食場所などとしても利用できます。

利用者の声
ワークライフバランス・サポートセンターを利用して
堤 仁美さん(理工学術院客員講師)

 ちょうど妊娠初期のつわりで体調が不安定な時期に、ポスターでサポートセンターの存在を知りました。出産休暇後も搾乳室を利用したり、職員の方に育児について相談するなど、大変心強く感じました。妊娠・出産する学生や教職員にとって、強い味方になることを期待しています。

シンポジウム・講演会などのイベント開催

 男女共同参画推進室では、昨年に続き今年も“イクメン(育男)”による講演会「イクメンによるワークライフバランス講座~ファザーリングが社会を変える!~」を開催。人間関係のスキルアップのための「アサーション講座」や介護に関するセミナー、DVDの視聴会、参加者同士の交流を目的としたランチョンミーティングなども実施しています。

 また、キャリアセンターなどによる女子学生のためのキャリア支援「未来の自分を発見しよう!」は今年で7回目。社会の一線で活躍するOGを招いての仕事・結婚・育児についてのディスカッションが人気です。その他にも、学部や研究科などの女子学生向けキャリアイベントや、ハラスメント防止委員会主催のセクシュアル・ハラスメントなどの防止に関する講演会等々、学内では年間を通して、男女共同参画やワークライフバランスなどを考える機会が提供されています

※今後のイベントスケジュールについては
男女共同参画推進室Webサイト

(http://www.waseda.jp/sankaku/)をご覧ください。

Pick Up

理系女子学生対象
キャリアデザイン・セミナー(予定)
日時:
12月21日(水)
12:30~14:00
場所:
西早稲田キャンパス
60号館214

将来、研究者として仕事を続けるために必要な、出産や子育てなどのライフイベントを意識した戦略的キャリア形成のポイントを学びます。
主催:
男女共同参画推進室
問合せ先:
TEL 03-5286-8497
WASEDA Rikoh-girls

 理工学術院では、理工系の研究に取り組んでいる女子学生を紹介するための冊子を発行。さまざまな研究分野に取り組む皆さんのコメントや、将来活躍できる分野、Q&Aなどが掲載されています。Webサイトでも一部公開中です。

WASEDA Rikoh-girls Webサイト
http://www.sci.waseda.ac.jp/rikohgirls/