早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 盛夏号 早稲田再発見

キャンパスナウ

▼盛夏号

早稲田再発見


表紙写真: 三熊將嗣(芸術学校空間映像科スタッフ)

cover story 表紙のお話

高みへの伸びやかな飛翔

クリックで拡大します

緑豊かな所沢キャンパスの入口にそびえ立つブロンズ像「人とペガサス」。

スウェーデンの彫刻家カール・ミレスの作品です。

ペガサスを駆って、怪物キマイラを退治するため大空に飛び立たんとするギリシャ神話の英雄ベレロフォンの雄姿。

本学創立100周年を記念した人間科学部開設(1987年)にあたり、学生たちにも大きく羽ばたいてほしいという願いを込め、 新キャンパスの象徴として設置されました。

それから20年余。

ここ所沢から、1万人を超す人材が育ち巣立っていきました。

2003年のスポーツ科学部新設により2学部2研究科を擁するキャンパスでは、現在、約3,500人の学生が学んでいます。

人間の心身の健康をメインテーマとする教育・研究は、混迷を深める社会の中で、今後ますます重要度を増していくことでしょう。