早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 盛夏号 早稲田再発見

キャンパスナウ

▼盛夏号

早稲田再発見


写真:竹之内 要人(国際情報通信研究科修士1年)

cover story 表紙のお話

日本初のオリンピック入賞を讃えて。

クリックで拡大します

戸山(文学学術院)キャンパスのスロープをのぼった一角で、静かに光を反射する水面……。

1924年、本学水泳部の高石勝男選手(商学部)が、

第8回オリンピック・パリ大会の水泳男子100mおよび1,500m自由形で5位に入賞。

800mリレーでも4位に。日本に、オリンピック初入賞をもたらしました。

翌1924年、その活躍を顕彰して建設され、

高田早苗総長の命名により開場したのが、ここ「高石記念プール」です。

数多くの早大水泳人がここで鍛えられ、世界に名を馳せました。

1965年11月には室内温水プールに、さらに1992年4月に全面改装。

授業以外にも学内一般に開放されており、黙々と泳ぐ学生や教職員の姿が見られます。