早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2018 早春号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼2018 早春号

NEWS REPORT

私立総合大学の理工系・人文社会科学系の叡智とデータサイエンスの大融合
データ科学総合研究教育センターを設置

センターの全体像と主機能。超大型コンソーシアムを作ることを目指し、各企業との広範な事業連携を加速させます

 2017年12月1日、「データ科学総合研究教育センター」を早稲田キャンパスに設置しました。情報・通信技術の進展による多種多様なデータの取り扱いが可能となり、理工系・人文社会科学系の専門領域にかかわらず、データ科学の重要性がますます高まっています。多分野融合及び産学官連携を強く推し進める本学にも、学内および産学界からデータ科学へのニーズが多く寄せられていました。本センターは、私立総合大学の強みを最大限に活かし理工系・人文社会科学系の専門領域とデータ科学との知見の融合を図るプラットホームを提供します。総合知の創造とグローバル社会の問題解決を担う人材の育成および大学の研究力向上を目的とし、国内外の大学、産業界、政府機関等と大規模なネットワークを形成し、データ科学における世界の先進的モデルの拠点として実践的な教育と研究の普及に努めます。