早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2017 錦秋号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼2017 錦秋号

NEWS REPORT

日中それぞれの大学から学生も参加
鎌田総長が「日中大学生千人交流大会」に出席

左から、鎌田総長、北京大学校務委員会委員長郝平氏

 日中国交正常化45周年の節目に、北京大学に日本と中国の大学からそれぞれ500名、計1,000名の学生が集まり、「日中大学生千人交流大会」が開催。日本側の代表として鎌田薫総長も出席し、中華人民共和国国務院の劉延東副総理と面会しました。

 本学は1982年に北京大学と大学間協定を締結後、連携を深めてきました。2017年5月時点で、3,283名の中国人留学生が本学で学んでいます。また北京大学とは2005年よりダブル・ディグリープログラムも実施しており、これまでに延べ200名以上の学生を相互派遣してきました。鎌田総長は北京大学の郝平校務委員会委員長、林建華校長とも懇談し、学術交流拡大について意見交換を行いました。これからも、北京大学をはじめとした中国の高等教育機関との研究者交流や学生交流を通じて日中友好の促進に貢献していきます。