早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2016 新緑号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼2016 新緑号

NEWS REPORT

先輩から後輩へ 台湾に広まる早稲田の魅力

地域交流フォーラム in 台湾に500名以上が参加

若林正丈教授(政治経済学術院)は専門の台湾研究をテーマに台湾語で講演。会場から飛び出すあらゆる質問に教授がユーモアを交えて回答し、会場は終始和やかなムードに

 3月6日、台湾・台北市のAmbassador Hotelにて「地域交流フォーラム in台湾」を開催し、500名以上が来場しました。好評であった昨年度に続き、今回は本学の教育・キャリア関係の説明、若手卒業生のキャリア座談会、進学相談会、台湾のビジネスや研究に関する講演会、子供向けの科学実験教室などさらに充実した内容で開催されました。本会は本学の台北国際交流センター(台北事務所)や、春休み中に帰省している在学生、若手校友など25名以上の協力を得て、現地での実施に至りました。

 本学が台北国際交流センター(台北事務所)を開設したのは2008年7月。以来、学生同士の交流や若手校友とのふれあいを大切にし、さまざまなイベントを頻繁に開催。現地から早稲田の魅力を発信し続けてきました。台湾における本学の知名度もアップしており、2008年には200人に満たなかった台湾からの留学生が2015年11月にはほぼ倍増の400人に迫る勢いです。今後もますます繋がりを深めていくと期待されます。