早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2016 早春号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼2016 早春号

NEWS REPORT

世界での活躍を報告

ラグビーW杯日本代表選手が早稲田大学に凱旋

 11月26日、畠山健介選手(2008年スポーツ科学部卒・サントリーサンゴリアス所属)、藤田慶和選手(スポーツ科学部4年)ら2選手が早稲田キャンパスを訪れ、2015年にイングランドで行われたラグビーワールドカップで、強豪・南アフリカを破るなど、世界を驚かせた活躍を鎌田薫総長に報告しました。また、続く12月7日には五郎丸歩選手(2008年スポーツ科学部卒・ヤマハ発動機ジュビロ所属)が来校。学生との対談を行う「早大生が世界で活躍するには…~ラグビーワールドカップ2015で大活躍された五郎丸選手(2008年スポ卒)に聞く~」が開催され、約1200名の聴衆が大隈講堂に集まりました。世界で活躍する先輩を目の前にし、激励のメッセージを贈られ大いに刺激を受けた様子の学生たち。講演会は盛況の中幕を閉じました。

今後さらなる活躍が期待される畠山選手(左)と藤田選手(右)

学生からの質問に笑顔で答える五郎丸選手