早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2016 早春号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼2016 早春号

NEWS REPORT

より高い質の研究・教育を目指して

2015年度 早稲田大学リサーチアワード受賞者決定

 早稲田大学では、独創的研究の推進と国際的な情報発信力の強化を目的として、2014年度より早稲田大学リサーチアワードを設け、大規模な研究を主導的に推進している研究者(大型研究プロジェクト推進)および国際発信力の高い研究業績をあげている若手研究者(国際研究発信力)を表彰しています。このたび、2015年度の受賞者14名が決定しましたのでお知らせします。受賞の詳細はホームページをご覧ください。

URL:www.waseda.jp/top/news/33473

早稲田大学リサーチアワード(大型研究プロジェクト推進)受賞者

氏名
大木義路(理工学術院教授)
逢坂哲彌(理工学術院教授)
大聖泰弘(理工学術院教授)
巽 宏平(理工学術院教授)
西出宏之(理工学術院教授)
林 泰弘(理工学術院教授)

※50音順

早稲田大学リサーチアワード(国際研究発信力)受賞者

氏名
大須賀沙織(文学学術院助教)
黒田義之(高等研究所助教)
竹内規彦(商学学術院准教授)
立和名博昭(理工学術院次席研究員(研究院講師))
蓮池 隆(理工学術院准教授)
原口省吾(教育・総合科学学術院助手)
日野愛郎(政治経済学術院教授)
渡邊克巳(理工学術院教授)

2015年度春学期 早稲田大学ティーチングアワード受賞者決定

 2014年度から始まり、優れた教育方法と創意工夫の普及により教育の質のさらなる向上をはかるとともに、学生授業アンケートの活用、活性化およびその質的向上を目指す一環として、優れた教育を実践している教員に授与される早稲田大学ティーチングアワード。本学の正規科目クラス(複数教員が担当する科目を含む)の担当教員が対象で、科目を設置する学部、研究科および研究教育センターごとに授与されます(2015年度春学期は、政治経済学部、基幹理工学部、先進理工学部、商学研究科ビジネス専攻、日本語教育研究科、グローバルエデュケーションセンターで実施されました)。2015年度春学期の受賞者をお知らせします。

2015年度春学期 早稲田大学ティーチングアワード総長賞授賞者

総長賞受賞者
推薦箇所 科目名称 担当教員 資格
基幹理工学部 Calculus B BOWEN, Mark 理工学術院准教授
先進理工学部 力学A電生(物理未履修者用クラス) 西 正和 早稲田大学非常勤講師
商学研究科ビジネス専攻 組織のオペレーション 遠藤 功 商学学術院教授
日本語教育研究科 日本語教育実践研究(3) 川上 郁雄 国際学術院教授
グローバルエデュケーションセンター 身体のしくみと身近なクスリ01 枝川 義邦 研究戦略センター教授(任期付)

※政治経済学部からの総長賞候補者の推薦科目なし