早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2015 盛夏号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼2015 盛夏号

NEWS REPORT

「カケハシ・プロジェクト」学校交流

本学にコロンビア大学生50人が来校

 5月20日・26日の2日間、外務省の対日理解促進交流事業「カケハシ・プロジェクト」の一環として、本学の協定校である米国のコロンビア大学より学生50名が来校しました。5月20日は、ポール・ワット留学センター教授らによる講義のほか、グローバル・リーダーシップ・フェローズ・プログラム※に選抜された在学生との交流が行われ、キャンパスツアーや昼食を交えた学生同士の懇談では、異なるバックグラウンドや知識のもと、様々な談義に花が咲いていました。26日には、本学にてコロンビア大学の学生による「成果報告会」が開催され、6つの代表グループが、本事業での1週間の日本滞在における成果および日本での様々な経験や米国との違いについて発表しました。今回のイベントに参加した両大学の学生からは好評な感想が多数寄せられ、互いにとって良い交流の機会になったようです。

※グローバル・リーダーシップ・フェローズ・プログラム
新入生を中心に全学部から選抜された約15名を対象とする、コロンビア大学など米国名門大学への留学を含む、4年間一貫の特別プログラム。留学から帰国した後には日米共同ゼミやグローバル・イシューの解決をテーマとしたカリキュラムを通して、米国大学からの留学生と共に切磋琢磨し、将来のグローバルリーダーを養成する。