早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2015 新緑号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼2015 新緑号

NEWS REPORT

日本人初の連覇ならずも試練乗り越え

羽生結弦選手が銀メダルを獲得!

写真は2014年4月24日、羽生選手が、ソチ五輪金メダル獲得を鎌田総長に報告した時のもの

 3月28日、フィギュアスケート男子の世界選手権最終日が中国・上海で開催され、羽生結弦選手(人間科学部 通信教育課程 eスクール在学=東北高、ANA所属)が、前日のショートプログラムを今季自己ベストの95.20点で首位発進、28日のフリーでは175. 88点をマーク、合計271.08点で準優勝に輝きました。

 羽生選手は世界フィギュアスケート選手権では、2012年の銅メダル、2014年の金メダルに続き、今回の銀メダルで3つ目のメダル獲得となり、2年連続での表彰台となります。