早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2015 新緑号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼2015 新緑号

NEWS REPORT

2016年春採用の就職活動が本格化

学内合同企業説明会開催

受付風景

 3月2日から19日までの12日間に早稲田キャンパスにおいて学内合同企業説明会を開催しました。大学内で行われる本説明会は、企業・団体等を大学にお招きし、就職活動を行う学部3年生・修士1年生以上の学生に対し、企業研究の場を提供するものです。

 早稲田大学の企業説明会は、企業ごとに1教室をお使いいただき、学生は座って説明を聴くことができます。また、時間割を定めて1時間の説明と質疑応答の時間を確保しています。企業の説明は早大生に向けた内容となっており、多くの企業がOB・OGを同行され、早大生が抱く疑問や不安に対応されています。併せて、グローバル人材に向けた英語による説明会も開催しています。

会場内の様子

 12日間の参加企業数は478社、累計参加学生数は34,830名、延べ参加学生数は126,058名となりました。参加学生数、参加企業数と顔触れにおいて国内有数といえるでしょう。

 例年、この学内合同企業説明会をきっかけにエントリー・選考・内定につながるケースが多々あります。

 今年度は就職活動スケジュールが変更され、企業の広報開始が3月からとなりました。3月は大学は春休みで授業がなく施設にも余裕があったため、スケジュール変更のメリットを最大限活かして多くの企業をお招きすることができました。学生がこうした機会を活用し、多くの企業に接し、十分に企業研究を行い、より適した進路選択ができることをキャリアセンターは期待しています。