早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 2015 早春号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼2015 早春号

NEWS REPORT

日本男子初の快挙を達成!

羽生結弦選手がグランプリファイナル連覇

総長訪問時の羽生選手(2014年4月)

 2014年12月14日、フィギュアスケートのグランプリファイナル最終日がスペイン・バルセロナで開催され、羽生結弦選手(人間科学部通信教育課程eスクール在学=東北高、ANA所属)が、日本男子初のグランプリファイナル連覇を果たしました。羽生選手は、ショートプログラム94.08点で首位発進、続くフリーでは、見事に、4回転サルコー、4回転トーループを決めるなど「オペラ座の怪人」を演じきり、自己ベスト194.08点をマークし1位。合計288.16点の今期世界最高得点で優勝しました。また、羽生選手は、第83回全日本フィギュアスケート選手権大会(12月26日開催、長野市・ビッグハット)でも3連覇を果たしました。