早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 2014 盛夏号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼2014 盛夏号

NEWS REPORT

本学名誉博士シェイク・ハシナ首相が来校

若者への教育の重要性を講演

 5月27日、バングラデシュ人民共和国のシェイク・ハシナ首相が早稲田大学を訪れました。鎌田薫総長、内田勝一副総長等と懇談の後、大隈小講堂にて本学学生約300名に対し、特別講演を行いました。

 ハシナ首相は1997年に本学より名誉博士を授与されている縁の深い人物。今回2度目の来校でバングラデシュと日本との友好関係や、両国の発展過程の類似性に触れながら、“Educationfor the Empowerment of Youth”をテーマに、バングラデシュにおける教育政策と若者への教育の重要性について講演しました。

 学生との対話・交流を強く希望していた首相は、Q&Aセッションにて学生から寄せられる質問に快く応答。セッション終了後には、Student Ambassadorとのフォト・セッションによる交流が行われ、大盛況のなか終了しました。