早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2014 新年号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼2014 新年号

NEWS REPORT

杉原千畝レリーフに献花

ルツ・カハノフ駐日イスラエル大使が来訪

杉原千畝レリーフの前で

 11月19日、ルツ・カハノフ駐日イスラエル特命全権大使が本学を訪問。鎌田総長、内田勝一副総長らと、本学とイスラエル国との学術交流に関する意見・情報交換を行いました。

 懇談では、第二次世界大戦中に外交官として赴任したリトアニアで、ナチス・ドイツの迫害を受けて欧州各地から逃れてきたユダヤ人たちに、本国の訓命に反してビザを発給して約6,000名もの避難民を救ったことで知られる本学出身の杉原千畝氏の功績についても話題に上り、大使より同氏がイスラエル国における最高勲章受章者であることが紹介されました。

 懇談の後、カハノフ大使は懇談に同席していた「稲門杉原千畝顕彰会」の山本有二自民党衆議院議員、松原仁民主党衆議院議員の案内により、2012年に早稲田キャンパス内に設置された杉原千畝レリーフを訪れ、献花を行いました。