早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2013 錦秋号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼2013 錦秋号

NEWS REPORT

400m個人メドレーで日本人初!

瀬戸大也選手が世界水泳で金メダルを獲得

左から友添スポーツ科学学術院長、鎌田総長、瀬戸選手

 スペイン・バルセロナの地で行われた世界水泳選手権の男子400メートル個人メドレーで、水泳部の瀬戸大也選手(スポ科1年)が自己ベストを大きく更新して金メダルを獲得し、世界の頂点に立ちました。同種目での日本人選手の金メダル獲得は、五輪、世界選手権を通じて初めてという快挙。「100点満点、最高のパフォーマンスができた」と満面の笑みを見せました。

 再来年の世界選手権で2大会連続の金メダル獲得、そしてリオデジャネイロ五輪制覇を目標に、今後もますます練習に余念がない瀬戸選手。9月9日には金メダルとともに鎌田総長を訪問し、快挙を報告しました。