早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 2013 新緑号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼2013 新緑号

NEWS REPORT

小野梓記念賞の授与も

新たなスタートを切る卒業式・学位授与式、入学式を挙行

 3月25日・26日に2012年度学部・芸術学校卒業式、大学院学位授与式が行われ、12,179名が巣立ちました。25日はあいにくの雨となりましたが、両日ともキャンパスには、色とりどりの袴姿やきりっとしたスーツ姿の卒業生たちの希望に輝いた笑顔が溢れました。式典では学位記・卒業証書の授与のあと、鎌田総長が「この場にいるすべての卒業生の皆さんが、世界の平和と人類の幸福を実現するため、社会の至るところで、またありとあらゆる分野でグローバルリーダーとして大いに活躍してくださることを心より期待します」とのはなむけの言葉を贈りました。また席上、学術、芸術、スポーツの3部門において、それぞれ優れた成績を修め、模範となるべき学生に贈られる小野梓記念賞50件(うち団体4件)が授与されました。

 一方、4月1日・2日には2013年度入学式(学部・大学院)が行われ、13,206名の新入生を迎えました。鎌田総長は学部入学式で、新たな想いを胸に集まった新入生を「早稲田大学教旨に謳われている建学の精神をかみしめて、自ら信ずるところに従って、できるだけ多くのことがらに果敢にチャレンジし、幅広く深い教養と豊かな人間性を育んでください」と激励。また大学院入学式では、大隈重信の口癖だったという「青年よ、理想を持て、勇気を持て、そして進め」との言葉を引き、学問の発展のためには、既存の論理に納得することなく、何事にも疑問を抱き、真理の探究のため果敢に挑戦する姿勢を持つよう、研究の道を歩む学生たちに要望しました。

鎌田総長から学位記を受け取る総代たち

新入生で埋まった学部入学式会場

記念写真を撮る新入生