早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 2013 早春号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼2013 早春号

NEWS REPORT

早稲田から始まる「国際青年交流センター」構想

早稲田大学中野国際コミュニティプラザに大口の支援決定

 本学では、株式会社ファーストリテイリング会長の柳井正氏(政経1971年卒)と香港の実業家である曹其鏞(ソウキヨウ)氏、曹氏の友人である香港の実業家・荻野正明氏より、2014年度にオープンする「早稲田大学中野国際コミュニティプラザ」に柳井氏は個人として3億円のご寄付を、また、曹氏や荻野氏をはじめとする香港の実業家グループの皆様方より基金などを通じたご支援をいただくことになり、1月16日、小野記念講堂にて記者会見を開催し発表しました。

 今回の寄付を契機に、早稲田大学は、柳井氏、曹氏、荻野氏らが抱いている、世界各国の学生が相互の認識と理解を深めて持続的な友好関係を生む「国際青年交流センター」構想が、「早稲田大学中野国際コミュニティプラザ」を通して全国の大学に広がっていくよう、留学生と日本人学生との共同生活やさまざまな寮内教育プログラムを展開していきます。

右から荻野氏、曹氏、柳井氏、鎌田総長

柳井氏