早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 錦秋号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼錦秋号

NEWS REPORT

事故予防に期待

交通事故反復者に有効なソフトウエア「Hazard Touch」

 島崎敢助教が研究リーダーを務める人間科学学術院の研究グループは、タブレット型端末(i Pad©)を用いた運転手向けの交通事故予防に有効なソフトウエア「Hazard Touch」を開発、AppStore©にて無料で頒布します。

 この「Hazard Touch」を使用した被験者は、衝突対象を時間的・順番的にも早く発見できることが実証されており、実路上での発見率の向上により交通事故の予防が期待されます。

終了後に注意のポイントを表示します