早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 錦秋号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼錦秋号

NEWS REPORT

旧3号館の面影を再現

早稲田キャンパスD棟(仮称)起工式

鍬入れする鎌田総長

D棟(右手前から2棟目)完成後のキャンパスイメージ

 9月5日、早稲田キャンパスD棟(仮称)新築工事の起工式が行われました。同棟は、主に政治経済学部の教室棟として使用されていた、旧3号館跡地に建設されます。

 地下1階、地上4階建の旧3号館は、1933年の竣工から77年の間に増築を繰り返し、数多くの大学関係者らの思い出深い場となっていました。新たに建設されるD棟(仮称)はその立地の面からも、大隈記念講堂と大隈銅像を結ぶキャンパス内の歴史継承ゾーンとの景観的な連続性を考慮した設計となっています。旧3号館南側部の再現が含まれた外装だけでなく、既存建物の塩焼瓦の再利用、イチョウ・キンモクセイなどの既存樹木の再移植など、懐かしい情景を残し将来へつなげていく予定です。