早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 盛夏号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼盛夏号

NEWS REPORT

東京六大学春季リーグ制覇に続き

全日本大学野球選手権5年ぶり4度目の栄光

喜びを分かち合うチームメンバー

 東京六大学野球春のリーグ戦での優勝により、同リーグ代表として第61回全日本大学野球選手権に出場した本学野球部が、6月18日の決勝戦(神宮球場)で亜細亜大学(東都大学リーグ代表)を4―0で下し、5年ぶり4度目の優勝を果たしました。スポーツ科学部1年生の吉永健太朗投手は7回無失点の好投で最多となる大会2勝目を挙げ、最高殊勲選手賞(MVP)に選ばれました。

 岡村猛監督は、「大会を通じ、1試合、1試合成長していくことで『真のリーディングチーム』になれた。下級生が多いチームでまだまだ発展途上ですが、しっかりと鍛えて『真のリーディングチーム』の名に恥じない野球をしていきたいと思います」と秋に向けての抱負を述べました。