早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 盛夏号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼盛夏号

NEWS REPORT

日米両国の関係者が教育交流について意見交換

「日米高等教育パネル」開催

日米教育交流の現状について議論する識者ら

 4月9日に、本学主催により「日米高等教育パネル」をリーガロイヤルホテル東京で開催しました。当日は、日米文化教育交流会議(CULCON)、文部科学省、米国大使館、日米教育委員会、米国国立科学財団、「大学の世界展開力 強化事業」B-I採択7大学(東京大、東京工業大、名古屋大、国際教養大、慶應義塾大、立命館アジア太平洋大、早稲田大)などのメンバーが多数参加。日米双方の第一線の識者が、日米教育交流の現状と問題点の背景などについて議論。

 日米教育交流は、両国の人材育成並びに世界的な諸問題を共同で解決するために重要であり、交流の意義を再認識し、数的交流も拡大させていくために有効な手段を講じることが必要だとの認識で一致しました。