早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 盛夏号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼盛夏号

NEWS REPORT

予測困難な世界を生き抜く人材の育成に、大学はどう取り組むべきか

「大学教育改革地域フォーラム2012 in 早稲田大学」を開催

大学教育が抱える課題について議論を展開

 5月28日、文部科学省と共催の「大学教育改革地域フォーラム2012 in 早稲田大学」が300名を超える来場者を迎えて、「予測困難な世界を生き抜く人材の育成に、大学はどう取り組むべきか」をテーマに、本学井深大記念ホールにて開催されました。

 高井美穂文部科学副大臣や本学前総長で放送大学学園理事長の白井克彦氏らがパネリストとして参加し、大学教育の課題や具体的取り組みについて白熱した議論を展開。大学教育における「何を学ぶべきか」という問いへの見解、主体的な学修を実現可能とする仕組みの必要性といった多様な観点からの提言をはじめ、高井副大臣からは学修時間に関する国のこれまでの取り組みや法令・制度の必要性、今後の課題などに関する発表がありました。大学教育が抱える課題に対して幅広い議論が展開され、参加者各自が大学での学びについて考え直す機会となりました。