早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 盛夏号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼盛夏号

NEWS REPORT

世界を舞台に活躍する真のリーダー育成を目指して

グローバル・リーダーシップ・プログラムがスタート

 本学では、現在4,000名を超える外国人学生が在籍し、年間2,000名以上の学生を海外に送り出していますが、建学の精神である「東西文明の調和」のスピリットを持ったリーダーを早稲田から世界へと送り出すことを目指し、今年度から新たに「グローバル・リーダーシップ・プログラム」(2011年度「大学の世界展開力強化事業」採択事業)がスタートしました。同プログラムは大きく分けて、今後の国際社会で必要とされるリーダーシップの素養を身につけることを目指す全学共通副専攻「グローバル・リーダーシップ学」と、米国トップ5大学(予定)への1 年間の留学を含む4年間の特別カリキュラムで実施する「トップリーダー・プログラム(TLP)」の二本柱で構成されます。同プログラムに参加した学生には、将来、世界規模で貢献できるグローバル・トップリーダーとしての活躍が期待されます。

「グローバル・リーダーシップ学コア科目 ※( )内は使用言語

「グローバルリーダー入門(日・英)」「グローバルリーダーのための比較文化入門(日・英)」「グローバルリーダーのための政治・経済・ビジネス入門(日・英)」「Religion and Society in Modern Japan(英)」