早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 新緑号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼新緑号

NEWS REPORT

引き続き体育各部が大健闘

女子スキー部初の総合優勝、山岳部は南米最高峰アコンカグア登頂に成功

 2月21日~29日の1週間にわたり岩手県雫石市、八幡平市で熱戦を繰り広げた第85回全日本学生スキー選手権が幕を閉じ、女子では本学スキー部が初の総合優勝を成し遂げました。男子もクロスカントリー・リレー4連覇を達成、総合結果も準優勝を果たしています。倉田秀道監督は「念願の女子の初優勝は本当にうれしい。選手はパフォーマンスを存分に発揮してくれました」と喜びを語りました。

 一方、3月3日、本学山岳部“アコンカグア登山隊2012”の5名(コーチ1名を含む)が南米最高峰アコンカグア(標高6, 962m)の登頂に成功しました。中山駿主将(登頂時)は「事故なく目的を果たすことができ、良かったと思います。部員全員が初めて7,000m近い高度を経験しましたが、皆全力を出し切りました」と達成感あふれるコメントを寄せました。

写真提供:早稲田大学スキー部

写真提供:早稲田大学山岳部