早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 新緑号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼新緑号

NEWS REPORT

脳科学から探る教育と学校のあり方とは

特別講演会「子どもの発達と脳科学」

左から、堀誠同研究所長、安彦・中垣・坂爪の 各教授

 本学教育総合研究所が、特別講演会「子どもの発達と脳科学」を3月17日に開催。当日は、教育・総合科学学術院の安彦忠彦教授による「子どもの発達と脳科学とカリキュラム開発」、中垣啓教授による「知的発達の謎と脳科学」、坂爪一幸教授による「発達の障害と脳科学と教育的支援」の3講演が行われました。

 統括討論では脳科学の視点から、学校教育の体系と、今の子どもの心理的・生理的な成長・発達との不整合性をとらえ、学校カリキュラムの開発も含めて、今日的な教育と学校とがどうあるべきかについて議論が展開。訪れた約200名の参加者は熱心に聞き入っていました。