早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 新緑号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼新緑号

NEWS REPORT

文理融合チームでリーダー育成へ

『社会問題解決リーダー育成のための文理相乗連携プログラム』成果報告会

宮城まり子法政大学教授による基調講演

 3月13日、本学博士キャリアセンターが「社会問題解決リーダー育成のための文理相乗連携プログラム」(文部科学省実践型研究リーダー養成事業)の第1回成果報告会を開催しました。

 文部科学省科学技術・学術政策局板倉周一郎基盤政策課長の挨拶で始まり、基調講演として宮城まり子法政大学教授から「キャリアデザイン」の考え方について「充実度の高いキャリアを開発・形成していくには正しく自分を理解し多様なネットワークを構築していく必要がある」とのお話がありました。続いて、同センター長の朝日透理工学術院教授が今年度の成果を報告したのち、招待講演として同事業採択校である大阪府立大学と東京大学からそれぞれの活動紹介がありました。また、2011年度の活動に参加し、シンクタンク、材料メーカー、地方自治体で企業演習をした本学博士課程の学生からそれぞれのチーム活動報告もあり「文と理のバランスがとれた早稲田らしい取り組み」「若い学生の異分野への挑戦に感銘」との意見・感想が出されました。