早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 盛夏号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼盛夏号

NEWS REPORT

平山郁夫記念ボランティアセンターのプロジェクト「学生NPO農楽塾」が主催

「わせでん」で田植えイベントを開催

 5月24日に、大隈庭園内の田んぼ「わせでん」で田植え式典と幼稚園児による田植えを行いました。「わせでん」はかつて田園であった早稲田の地に稲を復活させようと、2004年に作られました。

 午前に行われた式典では、鎌田総長と農林水産省前田管理官、中島峰広名誉教授が田植え初めを行いました。午後の田植えには新宿区立早稲田幼稚園の園児たち19名が参加。農楽塾の学生からお米のでき方などの説明を受けた後、実際に「わせでん」に入って田植えを行いました。「都会に住む子どもたちにも、農を身近に感じてもらいたい」という思いから始めた稲作体験ですが、園児たちにとっては大学生と一緒に土に触れることで、作物を育てる楽しさ、普段当たり前に食べているお米が作られる現場に興味を持ってもらう「食育」にもなっています。今後の稲の成長が楽しみです。

左から農楽塾代表、鎌田総長、農水省前田管理官、中島名誉教授