早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 早春号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼早春号

NEWS REPORT

法学研究科シンポジウム開催

法律教育の未来を考える

藤田宙靖氏による「法律学と裁判実務」の講演

 12月11日、大学院法学研究科による「組織的な大学院教育改革推進プログラム」の総括としてのシンポジウム「法律教育と研究大学院および法科大学院―研究者の養成を見据えて」が開催されました。法学部卒業生のうち、さらに専門的な教育を求める者の多くが法科大学院に進学するという状況の中、法学研究者の養成をどうするかが日本全体で大きな問題になっています。2004年の法科大学院設置以来、議論されてきた論点を踏まえ、今後の法学研究者教育をいかに行うべきかをテーマに、熱い議論が繰り広げられました。

 シンポジウムには、他大学を含む大学教員や学生、弁護士など150名近くが参加し、元最高裁判事で東北大学名誉教授の藤田宙靖氏や元最高裁判事・京都大学名誉教授の奥田昌道氏、韓国全南大学校の鄭錘休教授などの多彩なパネリストの話に、熱心に聴き入っていました。