早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 新年号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼新年号

NEWS REPORT

タイ・シーラチャーに早稲田国際文化センターを開設

日本語教育と国際交流の新しい拠点に

日本を意識したモダンでシンプルなデザインを基調に、タイ伝統家屋風の様式を加えた外観

 タイの総合企業グループであるサハグループと本学が設立したWaseda Education (Thailand)が、タイ東部臨海工業地帯の中心都市シーラチャーに、日本語教育と国際交流の新しい拠点「早稲田国際文化センター」(写真)を開設しました。

 10月20日には現地でオープニングセレモニーが行われ、ブンヤシット・チョークワッタナーサハグループ会長や白井総長の挨拶、除幕セレモニー、学生作文コンテスト「私にとって日本とは」の表彰などを実施しました。当日は一般の方も訪れ、施設見学や日本語の模擬授業体験など、新しい知の拠点を満喫していました。

 今後、早稲田国際文化センター内に設置される日本語学校での日本語プログラムの実施や、宿泊施設を利用しての日本語・日本文化キャンプなどを通じて、日タイ学生交流活動を計画しています。