早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 錦秋号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼錦秋号

NEWS REPORT

学生の活躍光る

将棋「王位」獲得の快挙、出雲大学駅伝は独走で優勝

 将棋の7大タイトル戦の一つ、第51期王位戦(七番勝負)の第6局が9月1、2日、神奈川県秦野市で行われ、挑戦者の広瀬章人六段(写真)が深浦康市王位を破り、タイトルを奪取しました。広瀬さんは教育学部数学科に在学中で、現役大学生が将棋の7大タイトルを獲得するのは初の快挙です。広瀬さんは、今回の勝利により七段に昇段しました。

観衆に応えて万歳する監督と選手たち
©早稲田スポーツ新聞会

 また、10月11日に島根県出雲市内で行われた出雲全日本大学選抜駅伝では、本学競走部が14年ぶり2度目の優勝を果たしました。レースは、出雲大社前から出雲ドーム前までの6区間(44. 5キロ)で行われたもので、本学は、6名中4名が区間賞の快走で、他大学にトップを譲ることなく襷をつなぎ、2時間10分5秒の大会新記録でゴールしました。