早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 盛夏号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼盛夏号

NEWS REPORT

スマートグリッド最前線

次世代電気エネルギー社会が目指すもの

理工学研究所のシンポジウムでは最先端の研究を披露

 早稲田大学など電気・エネルギー関係28法人(プロジェクトリーダー:国立大学法人東京大学)は、経済産業省資源エネルギー庁が公募する「平成22年度次世代送配電系統最適制御技術実証事業(以下、実証事業)」の参加事業者として採択を受けました。2010年度から2012年度までの3年間で、電力系統への再生可能エネルギー大量導入と系統安定化を両立するための諸課題の解決を目的に実証事業を実施します。

 今後、参加事業者の大学・企業・電力会社が共同で、大規模電源から家庭まで発電・送電・配電システム一体となった全体制御・協調による高信頼度・高品質の低炭素電力供給システムの実証を実施。さらにこのシステムは、政府が掲げる2020年度までに太陽光発電2,800万kWの導入目標の達成に向けて必要不可欠となるものです。配電線電圧上昇・余剰電力発生などを解決するための技術確立や機器開発などに系統側・需要側両面で取り組みます。