早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 盛夏号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼盛夏号

NEWS REPORT

4時間以上続いた津波

チリ津波調査隊が調査結果を報告

調査隊記者会見で報告する柴山教授(右)

 理工学術院の海岸環境・防災研究室は、2月27日に発生したチリ地震津波の災害調査のため、柴山知也教授を隊長とする「チリ津波調査隊」を4月2日~11日の日程で派遣し、チリ第2の都市で震源地に近いコンセプシオンをはじめとする沿岸域の津波被災の実態を調査しました。

現地の様子

 その結果、沿岸部に閉じ込められた(トラップされた)津波が4時間以上にわたって何度も襲ってきたことがわかりました。また、2004年のインド洋津波の際にスリランカ南部に押し寄せた津波(行方不明者を含め約4万名の犠牲者)に比べ、地震と合わせても死者が350名と少なかった要因が判明。1960年チリ地震、2004年インド洋津波を契機として津波教育が行き渡っており、多くの住民が高台に避難したこと、地震の規模が大きく、住民にとって具体的に津波の来襲を感じることができたことなどが理由として挙げられました。