早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 早春号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼早春号

NEWS REPORT

新年を寿ぎ、「早稲田の栄光」も合唱

早稲田大学ニューイヤー・コンサート2010

熱演する管弦楽団の学生たち

 新年を祝い、新しい年が幸多いものとなることを願って、「早稲田大学ニューイヤー・コンサート2010」が1月9日、大隈講堂において開催されました。「正調ウィンナ・ワルツ」をコンセプトに、本学文化行事としては記念すべき第1回目のコンサートでした。

 当日は約1,000人の来賓・校友・学生・父母・地域の方々・教職員等が来場。大学行事初登場の早稲田大学フィルハーモニー管絃楽団によって、シュトラウス・ファミリーの楽しく祝祭的なワルツ、ポルカを中心とした作品が演奏されました。

 若々しくすがすがしい演奏と指揮者のユーモア溢れる解説、音楽を愛する観客の心が響きあって会場は大いに盛り上がり、ソリストをはじめ素晴らしい演奏に対して客席から何度も「ブラボー!」の声が上がりました。定番のアンコール曲「美しく青きドナウ」や「ラデツキー行進曲」の手拍子に続き、しめくくりはオーケストラの伴奏で「早稲田の栄光」を全員で合唱し、新年にふさわしい和やかな終演となりました。