早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 新年号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼新年号

NEWS REPORT

歌舞伎の本質を実演と共に

市川團十郎氏講演会開催

熱心に耳を傾けるヨーロッパのビジネスマンたち

 欧州委員会(EU)主催で本学が企画運営している「第27期EUビジネスマン日本研修プログラム(ETP)」の一環で、市川團十郎氏の講演会が11月4日に大隈タワー多目的講義室で開催されました。歌舞伎会の重鎮である氏は、これまでパリのオペラ座や最近ではモナコ公演など欧州公演も積極的に行っています。今回は『欧州公演と日本の伝統文化』と題して、歌舞伎の本質とは何かを実演を交えてわかりやすく説明いただき、また欧州公演の経験も踏まえて異文化理解とは何かを独自の視点でお話しいただきました。

 見えないところにこだわることが日本人にとっては重要であることを、歌舞伎での事例とトヨタ自動車の事例を合わせて紹介するなど、幅広い見識に基づいた示唆に富む話を熱意を持って語られ、参加したETPの研修員たちからも活発な質問がありました。特に團十郎氏が伝統的な枠組みを守りつつ、時代性を反映させた革新性を歌舞伎に取り込むことを目標にしていることは多くの研修生の印象に残ったようです。