早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 新年号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼新年号

NEWS REPORT

「WASEDA Next125」の推進力

ご支援いただいた皆様への感謝を込めて

 本学は、教育研究の強化・充実をはじめとする様々な事業で多くの皆様のご支援、ご協力をいただいています。その真心に感謝申し上げるとともに、そのご期待に応えるべく、世界に存在感を示すことのできる大学を目指して邁進してまいります。

記念事業募金寄付者銘板を設置

 11月1日、西早稲田キャンパス63号館(理工100周年記念館)に「理工学部創設100周年記念研究教育強化事業募金」にご協力いただいた方々を顕彰する銘板(写真)を設置しました。理工学部は2008年、創設100周年を迎え、記念募金として多くの方々から多大なご支援をいただきました。

 また大隈講堂1階ロビーには「創立125周年記念事業募金」としては最後となる寄付者銘板を設置しました。これで、銘板に刻まれたご芳名は最終的に個人21,232名・団体966件・法人1,496件となりました。

「WASEDAサポーターズ倶楽部エグゼクティブ・フォーラム2009」開催

 1994年に設立された「早稲田大学後援会」が、本年度より「WASEDAサポーターズ倶楽部」にリニューアルされました。同倶楽部は、「教育環境整備」「スポーツ支援」「奨学金」等の各種事業への財政的支援のため、年度会員として、毎年度一定額を寄付金として拠出していただき、本学から各種サービスを提供する寄付制度です。

議論が白熱したミニシンポジウム

 11月20日には、同倶楽部特別会員(名誉称号贈呈者)の皆様を対象とした『早稲田大学をご支援いただいている皆様との集い-WASEDAサポーターズ倶楽部エグゼクティブ・フォーラム2009』がリーガロイヤルホテル東京で開催されました。出席者は、「政権交代-アジアを中心に見たこれからの外交戦略」と題したミニシンポジウムに耳を傾けた後、大学役員や体育各部の部長・監督・選手も出席した懇親会で互いに親睦を深めるなど、早稲田の魅力溢れるひと時を満喫していました。