早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 新年号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼新年号

NEWS REPORT

中国・台湾の学生を本学大学院修士課程へ

頂新国際集団と奨学金制度を新設

握手をかわす白井総長(左)と魏総裁

 10月21日に上海にて、魏応州頂新国際集団総裁や白井総長が出席して「頂新国際集団 康師傳控股有限公司奨学資金制度」の記者発表会を行いました。

 本奨学金は中国の大手食品事業グループ頂新国際集団の支援を受け、中国・台湾の大学に在籍する意欲ある優秀な学生を、早稲田大学の大学院修士課程正規学生として受け入れるための制度で、授業料や生活費として一人当たり約300万円を2年間給付するものです。これは本学最大規模の奨学金であり、日本への外国人留学生が申し込むことが出来る最高クラスの金額です。

 第一期支給は2010年9月より開始。復旦大学、上海交通大学、浙江大学、同済大学、上海財経大学、台湾大学、政治大学の7大学の約40名に支給します。将来的には中国・台湾全土の大学を対象に、5年間で425名程度を予定しています。