早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

YOMIURI ONLINE

ホーム > キャンパスナウ > 盛夏号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼盛夏号

NEWS REPORT

各種講座からツアー企画まで

佐賀県との連携協力が充実

 2006年12月に包括連携協定を締結した大隈重信の故郷・佐賀県との間で、さまざまなプロジェクトが進行中です。九州「学びのメッカ」づくり事業としては、本学教員が現地で、あるいは遠隔通信により文化講座や生涯学習講演会を行い好評です。また、大学院公共経営研究科が同県内で開講する夏季集中「大隈地域創成講座」には県の若手職員等も参加し、担当教授の指導のもと学生のフィールドワークや政策提案が行われています。

 最近では、本学講師が同行する「明治維新のふるさと佐賀の旅」を3月に実施。昼は、大隈の生家(写真)や菩提寺などゆかりの地を巡り、佐賀城本丸歴史館では大隈の雄弁な総選挙演説を聞き、夕刻には大隈の活躍やエピソードを生き生きと伝えるミニ講義を開催。参加した校友からは、大隈の人間の深さへの感嘆や、母校の創立者を改めて見直したとの声をいただきました。

 この他にも、佐賀市や唐津市、佐賀大学との連携も進められており、佐賀県と本学の交流は、さらに幅広いものとなっています。