早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 盛夏号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼盛夏号

NEWS REPORT

早稲田大学芸術功労者

三木卓氏講演会開催

 「早稲田大学芸術功労者」(2009年4月授与)で校友の作家、三木卓氏(写真)を招き、5月28日、本学小野記念講堂にて講演会が開催されました。

 第一部では「わたしの修行時代」と題し、現代文学に重い位置を占める氏の「詩は緊張であり、例えれば高飛び込み」など創作の原点をめぐってのお話、さらに氏の代表作を話題の中心に、文学の面白さが語られました。

 第二部では、文芸評論家富岡幸一郎氏との対談が行われ、第33回谷崎潤一郎賞を受賞した著書『路地』をめぐって数々のエピソードが披露されました。鎌倉は傷ついた人が傷を癒すために集まってくる魂の避難場であると感じ『路地』を書いた、当初『鎌倉』の題で出そうとしたが観光書のようだと言われ変更した、などの話に多くの聴衆が興味深く聞き入っていました。