早稲田大学の教育・研究・文化を発信 WASEDA ONLINE

RSS

読売新聞オンライン

ホーム > キャンパスナウ > 1月号 NEWS REPORT

キャンパスナウ

▼1月号

NEWS REPORT

遠隔地域の高等学校出身者から、入学試験出願前に奨学金採用候補者を決定

「めざせ! 都の西北奨学金(入試前予約採用奨学金)制度」を新設

 この制度では、家計の状況により本学への受験・進学を断念せざるを得ない受験生から、入学試験出願前に奨学金受給の申し込みを受け付け、その中から受給に相当すると認定した受験生を奨学金採用候補者とし、入学後の奨学金支給を約束します。全ての奨学金採用候補者は、入学後に、奨学金採用者となります。本学では日本全国から学生が集い、切磋琢磨することを理想としており、本制度の導入により地方出身の入学者が増加することを期待しています。奨学金額は年額40万円で、大学卒業時まで4年間継続して給付します。開始初年度は全国で500名程度を採用候補者とし、次年度以降、なるべく早期に採用候補者を1,000名規模へ拡大する予定です。本奨学金の財源は「早稲田大学校友会」からの寄付と「早稲田カード」による還元金です。

 奨学金の出願資格は、次の全ての条件を満たす受験生となります。

出願資格
  1. 1.本学の一般入学試験または大学入試センター試験利用入学試験を受験し、4月入学する者。
  2. 2.首都圏(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)以外の国内の高等学校出身者。
  3. 3.2009年度入学者の場合は、2009年3月高等学校卒業見込みの者または2008年3月以降に高等学校を卒業した者。
  4. 4.高等学校在学中の評定平均値が3.5以上である者。
  5. 5.家計支持者の給与収入が600万円未満、事業所得の場合は250万円未満である者。

 2009年度入学試験を出願予定の受験生による、本奨学金制度への申し込みは11月28日に締め切りました。本奨学金制度新設に関する報道各社や予備校関係者への説明会、各地の高等学校への文書による案内等が11月初旬、実際の応募期間が1月10日から28日までと、約3週間の周知・募集期間であったにもかかわらず、全国39道府県から153件もの応募がありました。来年度以降、さらに多くの本学入学試験出願予定者からの応募を集めるために、各地の受験生や高等学校、予備校関係者に対し、本奨学金制度の存在と主旨を認識いただけるよう、様々な広報活動を行う予定です。